コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスバト Columba janthina; Japanese wood pigeon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスバト
Columba janthina; Japanese wood pigeon

ハト目ハト科。全長 37~40cm。全身金属光沢のある黒色で,光線の向きによって緑色や紫色に輝いて美しい。脚は桃色,は青緑色で先端が淡い黄色。繁殖地は本州中部以南の暖地の島嶼で,伊豆七島小笠原諸島南西諸島対馬大韓民国の南部の島嶼などに分布する。3亜種があり,基亜種のほかアカガシラカラスバト C. j. nitens が小笠原諸島や硫黄列島に,ヨナグニカラスバト C. j. stejnegeri宮古島から与那国島にすむ。いずれの亜種も常緑広葉樹林のみに生息し,樹上のほか,岩の上や樹洞にも枝を積んで巣をつくる。産卵数は 1個。非繁殖期には本州各地で観察記録がある。雑食性で,果実,花,葉,芽,堅果,ミミズ,陸貝などを樹上や地上でとる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カラスバト

ハト科の鳥。翼長23cmで日本のハト類中最大。黒色で紫や緑の光沢がある。日本特産種で,本州以南の日本各地,琉球,小笠原諸島,硫黄列島に分布する留鳥。常緑広葉樹林にすみ,果実を好むが,近年その数は減っている。
→関連項目甑島列島長島(鹿児島)ハト(鳩)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスバト
からすばと / 烏鳩
Japanese wood pigeon
[学]Columba janthina

鳥綱ハト目ハト科の鳥。日本特産種で、伊豆諸島、小笠原諸島(おがさわらしょとう)、南西諸島、筑前(ちくぜん)沖ノ島など、日本の南西部の島で常緑広葉樹林にすみ、おもに地上で木の実などを採食する。ツバキ、シイの堅果を好み、タブノキ、クロガネモチノキなどの漿果(しょうか)も食べる。全長約40センチメートル、翼開長63センチメートルもある大形のハトで、全身カラスのように黒く、紫、緑などの金属光沢がある。和名は、その黒さをカラスになぞらえたものである。「モォー」とうなるような太い声で鳴く。樹枝上または樹洞中に、小枝を組み合わせた粗雑な巣をつくり、5~6月ごろ1卵を産む。3亜種に分けられ、亜種としてのカラスバトのほか、小笠原諸島などにすむものをアカガシラカラスバト、南西諸島の西部に位置する先島(さきしま)諸島にすむものをヨナクニカラスバト(特殊鳥類に指定されている)と称する。種としてのカラスバトは天然記念物に指定されている。
 近縁種のリュウキュウカラスバトは全長約45センチメートル、全身金属光沢のある黒色で、背に白い大きな斑(はん)がある。沖縄諸島と大東諸島に分布していたが、1936年(昭和11)の記録を最後に現在では絶滅。オガサワラカラスバトも全長約45センチメートル、黒色が薄く、頸(くび)に白い輪があり、背は紫や褐色の光沢がある。小笠原諸島に分布していたが、1889年(明治22)の採集を最後に現在では絶滅した。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラスバトの関連キーワードリュウキュウカラスバトオガサワラカラスバト日本のおもな動物園レッドデータブック甑島県立自然公園小笠原諸島の自然鎮西(佐賀県)甑島国定公園与那国烏鳩唐津(市)沖縄(県)阿値賀島父島列島琉球烏鳩赤頭烏鳩馬渡島沖黒島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラスバトの関連情報