コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスバト カラスバト Columba janthina; Japanese wood pigeon

3件 の用語解説(カラスバトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラスバト
カラスバト
Columba janthina; Japanese wood pigeon

ハト目ハト科。全長 40cm。全身金属光沢のある黒色であるが,光線の向きによって緑色や紫色に光ってみえ,美しい。脚は桃色。本州中部以南,九州,四国の海に面した暖地,伊豆七島小笠原諸島南西諸島,対馬およびウルルン (鬱陵) 島の常緑広葉樹林にのみ分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カラスバト

ハト科の鳥。翼長23cmで日本のハト類中最大。黒色で紫や緑の光沢がある。日本特産種で,本州以南の日本各地,琉球,小笠原諸島,硫黄列島に分布する留鳥。常緑広葉樹林にすみ,果実を好むが,近年その数は減っている。
→関連項目甑島列島長島(鹿児島)ハト(鳩)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスバト
からすばと / 烏鳩
Japanese wood pigeon
[学]Columba janthina

鳥綱ハト目ハト科の鳥。日本特産種で、伊豆諸島、小笠原諸島(おがさわらしょとう)、南西諸島、筑前(ちくぜん)沖ノ島など、日本の南西部の島で常緑広葉樹林にすみ、おもに地上で木の実などを採食する。ツバキ、シイの堅果を好み、タブノキ、クロガネモチノキなどの漿果(しょうか)も食べる。全長約40センチメートル、翼開長63センチメートルもある大形のハトで、全身カラスのように黒く、紫、緑などの金属光沢がある。和名は、その黒さをカラスになぞらえたものである。「モォー」とうなるような太い声で鳴く。樹枝上または樹洞中に、小枝を組み合わせた粗雑な巣をつくり、5~6月ごろ1卵を産む。3亜種に分けられ、亜種としてのカラスバトのほか、小笠原諸島などにすむものをアカガシラカラスバト、南西諸島の西部に位置する先島(さきしま)諸島にすむものをヨナクニカラスバト(特殊鳥類に指定されている)と称する。種としてのカラスバトは天然記念物に指定されている。
 近縁種のリュウキュウカラスバトは全長約45センチメートル、全身金属光沢のある黒色で、背に白い大きな斑(はん)がある。沖縄諸島と大東諸島に分布していたが、1936年(昭和11)の記録を最後に現在では絶滅。オガサワラカラスバトも全長約45センチメートル、黒色が薄く、頸(くび)に白い輪があり、背は紫や褐色の光沢がある。小笠原諸島に分布していたが、1889年(明治22)の採集を最後に現在では絶滅した。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラスバトの関連キーワード冠鳩金鳩白子鳩身金我はと思うはとりハト(鳩)カラスバト(烏鳩)シラコバト(白子鳩)ハト科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラスバトの関連情報