コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウン ガウン gown

翻訳|gown

6件 の用語解説(ガウンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウン
ガウン
gown

丈長の,幅のゆったりしたワンピース形式の上衣。イブニングガウンのようなフォーマルなもののほかに,室内着,化粧着,仕事着としても用いられる。また大学の式典の際着用する正服,市長などの職服,弁護士裁判官などの法官服,司教などの聖職服など伝統服にも用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガウン(gown)

丈の長い、ゆったりと仕立てた室内着。「ナイトガウン
判事検事弁護士などの法服。また、僧・大学教授・学生が儀式に着用する外衣。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガウン

長くゆったりした外衣。フランス語ローブにあたる。聖職者,裁判官,大学教授,弁護士などが儀式や公式の行事のとき用いる。英国の戴冠(たいかん)式の際の外衣や,大学の卒業生の着る外衣もこれに当たる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガウン【gown】

ゆるやかで丈の長い外衣。フランス語のローブとほぼ同義。中世のイギリスで女性の着ていた2枚重ねのチュニックのことを指した。14世紀にベルベットダマスク織,毛皮などで縁取りされたサーコート(シュルコ)やフープランドなど,ゆったりした長い丈の豪華な外衣が男性にも用いられ,それらもガウン呼ばれるようになった。16世紀にスペインマントなど外套が着用されるようになると,聖職者や裁判官,大学教授,大学生に儀式の際の衣服として用いられるようになり,今日にも伝わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガウン【gown】

ベルトなどを締めない、羽織って着る長い外衣。大学教授・法官・聖職者などが儀式・行事に用いる。
くつろぐ時や湯上がりに羽織るゆったりした衣服。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガウン
がうん
gown

一般に、胴を締めない、丈の長いドレスや外衣をいう。婦人用の正装であるイブニング・ガウン、花嫁のウェディング・ガウン(ブライダル・ガウンともいう)、18世紀初頭のロココ調のワトー・ガウンなどのほか、寝巻の上に羽織るナイト・ガウンやドレッシング・ガウン、湯上がり用のバス・ガウン、客をもてなす家の婦人が着るホステス・ガウン、プリンセスラインをもつプリンセス・ガウンなども含まれる。第二次世界大戦後に、丈の短いものや、袖(そで)のないものが現れた。また、14世紀から1560年ごろまで、男子がチュニックとホーズ(脚衣)の上に着た。長くてゆったりした、大きな袖のついた外衣。これは16世紀中期以降は、社会的地位や身分を表徴するためのものとなった。主として黒色や灰色の、法服のジャッジ・ガウン、大学の式服のアカデミック・ガウン、ジュネーブ・ガウン(プロテスタントの牧師の式服としてもよく用いられる)などがあり、今日まで用いられている。このほか、古代人が着用した長くて緩やかな外衣、フランス語のローブの類も、こうよばれる。[田村芳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウンの関連キーワードオイル語フレンチフラングレアカデミーフランセーズテレビ テレビでフランス語ラジオ まいにちフランス語プルロージョンランボウル《フランス語の世界性について》《フランス語の擁護と顕揚》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガウンの関連情報