キリコ(英語表記)Chirico, Giorgio de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリコ
Chirico, Giorgio de

[生]1888.7.10. ボロス
[没]1978.11.20. ローマ
ギリシア生れのイタリアの画家。アテネの美術学校で学び,のちミュンヘンの美術学校に入学。ニーチェの哲学や A.ベックリン,F.シュトゥック,M.クリンガー,A.クービンなどの世紀末の絵画の影響を強く受け,夢や幻想の世界を喚起する不可思議な力に関心を向ける。 1909年イタリアに戻り,『秋の夕暮の謎』で初めて影のある風景を描く。 11年パリに出てピカソ,M.ジャコブ,G.アポリネールらと知合う。 17年 C.カルラ形而上絵画を提唱。その独自の幻想的絵画はのちのシュルレアリスム絵画に決定的な影響を与えた。しかし 19年頃からアカデミックな画風に転じ,従来の自己の前衛的なスタイルを否定するようになり,シュルレアリストたちからはうとんじられた。サビニーノの劇『ニオベの死』 (1926) などの舞台装置を手がけ,また,散文体で夢想的世界を描いた小説『エブドメロス』 Hebdomeros (29) ,自叙伝風の『わが生涯の思い出』 Memorie della mia vita (45) などを著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キリコ

デ・キリコとも。イタリア画家。ギリシア生れ。アテネ,ミュンヘンに学び,クリンガーベックリンの幻想絵画とニーチェの思想に関心を寄せる。1917年カラとともに形而上絵画を創始,初期シュルレアリスムに大きな影響を与えたが,1921年ころから古典的作風に変わり,伝統尊重の立場に立った。著書に《わが生涯の思い出》がある。
→関連項目キアタンギーデルボー三岸好太郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キリコ【Giorgio de Chirico】

1888‐1978
イタリアの画家。20世紀はじめ,未来派の実験とともにイタリアで生まれた形而上絵画の代表的画家。ギリシアのボロスで生まれ,17歳よりミュンヘンの美術学校で絵画を学び,その間ニーチェの哲学思想およびベックリンやM.クリンガーの幻想的な絵画に影響されて,その絵画精神に神秘と不安のイメージを深めた。1908年フィレンツェに出てルネサンス絵画への追憶を加え,形而上絵画の基礎をつくる。パリ滞在ののち17年にフェラーラに戻ってC.カラと出会い,彼とともに〈形而上絵画〉を確立して急速にヨーロッパに知られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キリコ【Giorgio de Chirico】

1888~1978) イタリアの画家。神秘的夢幻的な造形を志向して独自の画風をうちたて、超現実主義の発展に大きな影響を及ぼした。代表作「廃墟と馬」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キリコ

(Giorgio di Chirico ジョルジョ=ディ━) イタリアの画家。幻想的で神秘的な画風を創造。形而上派の運動を起こし、シュールレアリスムに大きな影響を与えた。(一八八八‐一九七八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキリコの言及

【形而上絵画】より

…イタリア語のピットゥラ・メタフィジカpittura metafisicaの訳。1917年,イタリアのフェラーラでキリコとカラの出会いによって成立した絵画の一流派。翌年G.モランディも加わる。…

【廃墟】より

… 20世紀にはコンクリートで固められた都市に廃墟のイメージを重ねあわせる芸術家が現れた。とくにG.deキリコの形而上絵画は廃墟を思わせる都市風景によって現代人の不安を表現する。またフランスのグランバックAntoine Grumbach(1942‐ )のように,現代都市に古代との歴史的連続性を付与するため,廃墟を〈新造〉しようとする建築家も出てきている。…

※「キリコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリコの関連情報