コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クォーツ

1件 の用語解説(クォーツの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クォーツ

quartzは石英のこと。俗にはクォーツ・ウォッチ(水晶腕時計)の略称。超小型の水晶発振器を組み込み,発生する安定した電気振動を使って時計を動かすもの。古くから水晶時計標準時計として用いられていたが,1969年,服部時計店が小型化した時計を発売,その後腕時計の主流となった。
→関連項目機械時計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のクォーツの言及

【水晶】より

… ヨーロッパでは17~18世紀ころから,crystalという語を水晶だけではなく多面体の外形をもつ物質の総称に用いるようになった。石英(クォーツquartz)という語ははじめヨーロッパの一部で用いられたが,しだいに17~18世紀以前にcrystalと呼んだものをさすようになった。【津末 昭生】
[宝石]
 単に水晶といえば無色透明なものをいい,ときに区別のため特に白水晶という。…

【時計】より

…ムーブメントとは各種内装部品から構成される機械体)。
[動向]
 1970年代後半からの時計のクォーツ化は,時計工業を精密機器工業からエレクトロニクス機器工業へと急速に転換させている。高精度,多機能化,メインテナンスフリーなど数々のメリットをもつクォーツ化は,ICの電子部品の開発技術と量産技術の発達によりもたらされたものである。…

※「クォーツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クォーツの関連キーワード転移温度カリ流紋岩石英安山岩石英多形石英質砂岩変成岩の化学組成オルソ珪岩角斑岩石英粗面岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クォーツの関連情報