コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケチル ketyl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケチル
ketyl

ジアリルケトン遊離基のこと。無水溶媒中で,たとえばベンゾフェノンに金属カリウムを作用させて得られる遊離基アニオンなどがその例である。
溶液は濃青色を呈し,常磁性を示す。この遊離基溶液に酸を加えるとベンゾピナコールが生成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケチル【ketyl】

カルボニル化合物の一電子還元で得られる陰イオンラジカルをいう。カルボニル化合物のアルカリ金属,アルカリ土類金属あるいは電気分解などによる還元で生成する。代表的な例はベンゾフェノンケチルで,たとえば,ベンゾフェノンC6H5-CO-C6H5をテトラヒドロフランのようなエーテル系の非水溶媒に溶かして金属ナトリウムと接触させると生成し,濃い青色を呈する。ラジカルであることは,電子スピン共鳴吸収(ESR吸収)がみられることからわかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ケチルの関連キーワードベンゾフェノンケチルテトラヒドロフラン非水溶媒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android