コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウボウ Hierochloe odorata (L.) P.Beauv.

世界大百科事典 第2版の解説

コウボウ【Hierochloe odorata (L.) P.Beauv.】

丘陵地や山地の草地に見るイネ科の多年草(イラスト)。コウボウは牧野富太郎によれば香茅の意味で,この草に一種の甘い芳香があることによるが,漢名の茅香や,英名のsweet grass,vanilla grassも同じ理由による。また,もう一つの英名holy grassは“聖なる草”の意味のラテン語の属名の直訳で,北ヨーロッパではキリスト教徒の祭日に教会のまわりにこの草をまいたかつての習慣に由来する。地下に細長い根茎がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウボウ
こうぼう / 香茅
[学]Hierochloa odorata (L.) Beauv. var. pubescens Krylov

イネ科の多年草。根茎は細長く横にはい、稈(かん)は直立して高さ20~50センチメートル。4~6月、稈の先に広卵形の円錐(えんすい)花序をつくり、まばらに小穂をつける。小穂はやや扁平(へんぺい)で、3個の小花があり、両側のものは雄性で褐色の毛があり、中央のものは両性で小さく、光沢がある。包穎(ほうえい)は膜質で幅広く、小花を包む。北海道から九州にかけてやや湿った砂質草地に生え、広く北半球の温帯に分布する。名は、全草が乾くとかすかな香気が漂うことによる。近縁のミヤマコウボウH. alpina (Sw.) Roem. et Schult.は葉舌が1~2ミリメートルしかなく、日本の高山およびユーラシア大陸の寒冷地帯に分布する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コウボウの関連キーワードシコクビエ(四国稗)セイテンビラメ湯宿[温泉]コウボウムギコウボウシバズブロッカ塩生植物繊維植物雌雄異株海岸植物鳥取砂丘砂地植物砂丘植物フデクサ白根香茅スゲ海米香炉犬麦水茎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コウボウの関連情報