サバ[川](読み)サバ

世界大百科事典 第2版の解説

サバ[川]【Sava】

バルカン半島北西部を西から東に流れるドナウ川の支流。スロベニアのラドブリツァで,水源の2支流が一つになり,ユーゴスラビアのベオグラードでドナウ川と合流する。全長940km。ボスナ川,ドリナ川などの支流がある。この川に沿って,ザグレブ,ベオグラードなどの都市が建設されている。1929年に,ユーゴスラビア国王アレクサンダルが独裁を宣言し行政改革を施行した際,全土が国内を流れる川の名にちなんで,九つの州とベオグラード府に編成され,サバ州は最大の州であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android