コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルクハット silk hat

翻訳|silk hat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルクハット
silk hat

トップハットともいう。一般に毳 (けば) のある絹で作った,縁のある円筒帽。男性用の正式礼帽で,女性も乗馬服に用いる。頂きは平らで,いわゆるメロン形の山高帽とは区別される。祖型は 16~17世紀のビーバーハット (海狸帽) にみられるが,1797年ロンドンの帽子屋 J.ヘザリントンの案出したものに始るとされ,1790年代の若者や共和主義者にかぶられ,19世紀初頭の長ズボンの着用と並行して一般化した。素材はビーバーから絹に変り,シルクハットの呼称が生じた。類似した型の帽子の名称にはチムニーポットハット,ポスティリアンハット,オペラハット,クェーカーハットなどのほか,アメリカのビーガムハットなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シルクハット

男性の礼装用帽子。クラウン(帽子の山)の高い,頂上が平らなもの。トップ・ハットともいう。黒が正式とされ,生地は絹に特別仕上げしたものが用いられる。欧米では,競馬,クリケット見物など野外の催しにもかぶられるが,日本ではほとんど用いられない。
→関連項目帽子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シルクハット【silk hat】

正装のとき男子がかぶる,クラウンが高く頂きが平らな帽子。トップ・ハットtop hat,ハイ・ハットhigh hat,ビーバー・ハットbeaver hatなどともいう。フランス製の絹でつくられたものが最高とされている。1797年イギリスの帽子職人ヘザリントンJohn Hetheringtonによって考案された。フランスでは同じころビーバーの素材に青,白,赤3色のバンドをつけた同型のものが登場した。また1800年代になると共和主義者や若者たちが競ってかぶり,日常用となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シルクハット【silk hat】

礼装用の円筒形の高い帽子。黒の絹張り。トップ-ハット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シルクハット
しるくはっと
silk hat

クラウンが円筒状で高く、頂上は平らで、狭いブリムは両側で折り返してある男子の帽子。黒く光沢がある。1797年にイギリス人ヘザリントンJohn Hetheringtonが考案したもので、ビーバー製であったため、シルク・ビーバーとよばれたが、しだいに絹のフラシ天仕上げ(起毛仕上げ)に変わっていった。1830年ごろから非常に人気が出て、19世紀中は若者たちなどにより一般的に用いられた。同世紀末からは正式礼装用となり20世紀前半までかぶられた。また、くだけた服装として黒以外の色が用いられることもあった。女子の正式な乗馬用帽子にも19世紀中ごろからかぶられている。トップハットtop hat、ハイハットhigh hatなどとよぶこともある。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シルクハットの関連情報