コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェボンズ ジェボンズ Jevons, William Stanley

6件 の用語解説(ジェボンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェボンズ
ジェボンズ
Jevons, William Stanley

[生]1835.9.1. リバプール
[没]1882.8.13. ヘースティングス近郊
イギリスの経済学者,論理学者。レオンワルラスカールメンガーとほとんど同時に限界効用理論を展開した(→限界効用学派)。ロンドンのユニバーシティ・カレッジに学んだが,経済的困窮により 18歳のときオーストラリアへ渡り貨幣検査官となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジェボンズ(William Stanley Jevons)

[1835~1882]英国の経済学者。近代経済学の創設者の一人。古典学派を批判し、メンガーワルラスと並んで限界効用理論を確立した。景気循環に関する太陽黒点説でも有名。著「経済学の理論」「石炭問題」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジェボンズ

英国の経済学者,論理学者。限界効用学派の創始者の一人。英国功利主義哲学に基づき平均的市民の快楽・苦痛の計算から効用理論を展開し,財貨の交換価値はその最終効用度によって決定されるとの限界効用均等の法則を数学的に証明した。
→関連項目限界革命マーシャル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジェボンズ【William Stanley Jevons】

1835‐82
イギリスの経済学者,論理学者。青年時代にオーストラリアに渡り,造幣局の試金官の職を得て,その時期に鉱山学や天文学など自然科学の素養を深める。A.スミスの《国富論》などを通じて,経済学も学ぶ。帰国後の処女作《石炭問題》(1865)で当時の大蔵大臣グラッドストンらの注目を浴び,経済学者としての地位を確立した。彼はこの本のなかで,石油を部分的な例外とすれば,石炭に代わるエネルギー源のないことを迂回生産論を駆使して論証し,現代の石油代替エネルギー批判につながる貢献をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ジェボンズ【William Stanley Jevons】

1835~1882) イギリスの経済学者。メンガー・ワルラスと並ぶ限界効用理論の確立者の一人。景気変動に関する太陽黒点説を唱えたことで知られる。著「経済学の理論」「石炭問題」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェボンズ
じぇぼんず
William Stanley Jevons
(1835―1882)

イギリスの経済学者、論理学者。ロンドンのユニバーシティ・カレッジで地質学や植物学を学んだが、家庭の経済的困窮のため、学業なかば、18歳でオーストラリアの造幣局に赴任した。1859年に帰国、復学して、経済学、論理学、数学などを学び、66年マンチェスターのオーウェン・カレッジ教授となる。76年から母校の教授を務めたが、80年教授職を辞し、82年夏遊泳中死去した。
 ジェボンズは、C・メンガー、L・ワルラスとともに、わが国での通称「近代経済学」の体系的出発を画する限界革命を担ったトリオの一人であり、その主著『経済学の理論』Theory of Political Economy(1871)では、生産費説にたつ古典派経済学を鋭く批判し、経済学を快楽・苦痛の微積分学として革命化しようとした。そのほか、当時イギリスの動力源だった石炭の早晩の枯渇を予言してベストセラーになった『石炭問題』Coal Question(1865)をはじめ、貨幣論、景気循環論(太陽黒点説でも有名)の優れた理論的・経験的研究や、論理学、科学方法論面での重要な業績など、多くの著書がある。なお1972年からR・D・C・ブラックの編集により、多数の新資料を含む『ジェボンズ文書・書簡集』Papers and Correspondence of William Stanley Jevons全7巻(1972~81)が公刊された。[早坂 忠]
『小泉信三他訳『経済学の理論』(1944・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジェボンズの言及

【価値】より

…つまり,諸商品はそれぞれ異なった有用性をもつという意味で異化されているが,消費者に効用もしくは満足をもたらすという点では同化されているのであり,この同化性のうえに交換価値が成り立つとみるのである。効用価値説を採用したのは,H.ゴッセンのような先駆者はいるものの,学説史的な区分としてはW.S.ジェボンズ,L.ワルラスそしてC.メンガーによってはじめられた新古典派経済学である。そして効用価値説は,消費者というまぎれもない個人のもつ主観に価値の源泉を見いだすことを通じて,新古典派に特有の個人主義的な市場観の支柱にもなった。…

【経済学説史】より

…そのような試みにより,転化問題,利潤率の傾向的低下の法則などが批判的に解明されたのである。
【近代経済学】
 近代経済学なる用語は日本における造語であるが,若干の先行者を別にすれば,古典派経済学に対して,《経済学の理論》(1871)の著者W.S.ジェボンズ,《国民経済学原理》(1871)の著者C.メンガー,そして《純粋経済学要論》(1874‐77)の著者L.ワルラスの3人が,新しい経済学を体系的に展開したいわゆる限界革命が,近代経済学の始まりであるといえる。限界革命とよばれるのは,この3人がイギリスのマンチェスター,オーストリアのウィーン,そしてスイスのローザンヌにおいて,独立に,ほぼ同時に,限界効用,さらには限界生産力などの限界概念を駆使した経済理論を樹立したからにほかならない。…

【限界革命】より

…1870年代にW.S.ジェボンズC.メンガーL.ワルラスの3人の経済学者が,ほぼ同時に,かつ独立に限界効用理論を基礎にした経済学の体系を樹立し,古典派経済学に対して近代経済学を創始したことをいう。早坂忠の考証によれば,1930年代にJ.R.ヒックスが,限界効用理論をはじめて使うという一般的な意味で限界革命という表現を使用し,ついでH.ミントが1870年代の経済学の革命を限界革命とよんだという。…

※「ジェボンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェボンズの関連キーワードエッジワースハロッドマーシャルセンカーネマンイギリス巻杉山清松川七郎雇用・利子および貨幣の一般理論イギリス経済学協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェボンズの関連情報