コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タービダイト タービダイト turbidite

6件 の用語解説(タービダイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タービダイト
タービダイト
turbidite

混濁流により深海に運ばれたい積した陸源性たい積物をいう。特徴は,級化成層を示し,基底部の砂岩の底面に水流等によるソールマークを伴い,砂岩は普通グレイワッケであり,ときに浅海性と深海性化石が混合することなどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タービダイト(turbidite)

大陸棚の斜面で発生した乱泥流が運んだ砂や泥の堆積物。海底谷を下り、海底扇状地を形成する。一般に級化層理が発達し、砂岩層と泥岩層が互いに重なり合う

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タービダイト

混濁流によって堆積したと考えられる堆積物。下部が砂質,上部が泥質となる級化成層をなし,下底には底痕が形成されていることが多い。砂岩と泥岩の互層のように見えるが,砂質な部分と泥質な部分がセットになって単層を形成。
→関連項目イスア岩体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

タービダイト

混濁流によって運ばれ堆積してできた堆積岩の単位で,礫,砂,シルト粘土粒子で構成され,珪酸質,石灰質,粘土質の組成を含んでいる.級化成層を示し,普通はこの単位は底部から頂上部に漸移し,全部または一部で,(a) 塊状の部分,(b) 下部平行葉理部,(c) リップル・マーク葉理部,(d) 上部平行葉理部,(e) 細粒泥質部,の堆積構造の順序を示している.ソール・マークは普通に見られる[Kuenen : 1957, Dzulynski & Walton : 1965].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タービダイト【turbidite】

混濁流(乱泥流ともいう)によって深海底に運ばれた陸源性の堆積物をいい,乱泥流堆積物ともいう。普通の海底堆積物は陸源砕屑物(砂,泥など)や海中の生物の遺骸が一粒また一粒と,ゆっくりとではあるが次々と長時間かけて沈積してできたものである。このようにして浅海底,特に比較的急な斜面に堆積した物質が,地震,暴風,洪水などの衝撃によって不安定となり,海水を巻き込んで海底に沿って下方に動き出す。この砂,泥と海水の混合した密度の高い流れを混濁流あるいは乱泥流という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タービダイト
たーびだいと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタービダイトの言及

【運搬作用】より

…この堆積物重力流のうち,混濁流とは,粘着性粒子(粘土)と非粘着性粒子(砂,礫(れき))の混合物で,粘着力が有効に働かない程度の粘土含有率を示すものである。その堆積物は基底部で粒径が大きく,上方へ向かい細粒化する級化層理を示し,タービダイトと呼ばれる。粒子流は非粘着性の砂または礫のみを含む。…

※「タービダイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タービダイトの関連キーワード混濁流堆積岩風成岩沈殿岩イベント堆積物津波堆積物堆積物重力流アウトウォッシュ湖水性変堆積岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone