コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバメ(燕∥玄鳥) ツバメ swallow

翻訳|swallow

1件 の用語解説(ツバメ(燕∥玄鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツバメ【ツバメ(燕∥玄鳥) swallow】

別名ツバクロツバクラツバクラメなど。スズメ目ツバメ科の代表種で,好んで人家に営巣するため,非常によく親しまれている(イラスト)。ユーラシア北アメリカ両大陸の温帯から亜寒帯およびアフリカ北部で繁殖する。一般に渡り鳥で,アフリカ周辺以外のものはそれぞれの大陸の熱帯から南半球にかけて越冬する。日本でも代表的な夏鳥で,九州南部では3月上旬ころ,本州中部では3月下旬~4月上旬,北海道では5月上旬ころ渡来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のツバメ(燕∥玄鳥)の言及

【鳥】より

…自然暦の一指標として鳥は古くからよく利用されてきたが,上層階級が季語,季題に示される花鳥諷詠の文学や,パターン化された月次絵(つきなみえ)などに利用するのとは異なり,農民の場合には実生活上の必要性があった。農民生活と鳥との関係は深く,害虫を捕食するツバメなどの益鳥は,これを捕ると火事になる,盲目になるなどといって積極的に保護が加えられた。一方,スズメやガン・カモ類は田畑を荒らす害鳥としての側面が大きかったので,小正月の〈鳥追〉では憎み嫌われる鳥の代表例となっている。…

※「ツバメ(燕∥玄鳥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツバメ(燕∥玄鳥)の関連キーワード燕岳キャバクラ唾く三つば四つば仏縛つば九郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone