コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニセコアンヌプリ ニセコアンヌプリ

7件 の用語解説(ニセコアンヌプリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニセコアンヌプリ
ニセコアンヌプリ

北海道南西部にある火山。標高 1308m。洞爺湖の北西に位置する。山岳名はアイヌ語で「峡谷に寄りかかる山」を意味する。輝石安山岩から成る溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。夏季は頂上付近に 100種以上の高山植物がみられ,冬季はスキー場となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部、ニセコ倶知安町境にある、ニセコアンヌプリ火山群の主峰。標高1308メートル。スキー場・温泉がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部,倶知安(くっちゃん)町西部にある成層火山で,活火山であるニセコ火山の主峰。標高1308m。西側にはチセヌプリ,雷電山などがそびえる。中腹には温泉郷があり,ニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園に属し,スキー場として名高い。
→関連項目倶知安[町]ニセコ[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部,後志(しりべし)支庁にある成層火山。標高1309m。第四紀更新世の中期から末期にかけて形成された基底直径15kmに及ぶニセコ火山群の主峰。西方には2峰の溶岩円頂丘からなるイワオヌプリ(硫黄山。1118m)やニトヌプリ(1083m),チセヌプリ(1135m)の円頂丘が連なる。ニセコアンヌプリの中腹はハイマツ帯,上部はササと高山植物帯となっている。日本海に近いため季節風の影響を直接受け,山麓は積雪が2mをこえる多雪地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部、後志しりべし支庁にあるニセコ火山群の主峰。海抜1308メートル。スキー場がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕ニセコアンヌプリ


北海道南西部、渡島(おしま)半島の基部に噴出した火山。ニセコアンヌプリ火山群の主峰。標高1308m。三角形の美しい山頂部をもつ。山腹はダケカンバからハイマツ帯、山頂近くは高山植物とササ原が広がる。雪質・雪量ともに恵まれ、滑降距離も長い好条件を生かして、ニセコ国際ひらふ・ニセコアンヌプリ国際ほか多くのスキー場が立地し、「東洋のサンモリッツ」とよばれる。西腹の五色(ごしき)温泉、東麓(とうろく)の比羅夫(ひらふ)温泉など温泉も数多い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニセコアンヌプリ
にせこあんぬぷり

北海道南西部、後志(しりべし)総合振興局管内のニセコ町と倶知安(くっちゃん)町との境界にある山。ニセコアンヌプリ火山群の主峰で、標高1308メートル。尻別(しりべつ)川を挟んで東の羊蹄(ようてい)山と相対す。山名はアイヌ語のニセイコアン・ヌプリ(断崖(だんがい)に向かってある山)の意。更新世(洪積世)中期に形成されたもので、輝石安山岩の溶岩、砕屑(さいせつ)物からなる。標高700~800メートルの所は台地状の溶岩流堆積(たいせき)面となっている。山腹はハイマツ、その上はササで覆われ、高山植物も多い。冬は積雪量が多く、スキーのメッカとして有名。付近にはニセコアンヌプリ、ニセコ国際ひらふなどのスキー場があり、東洋のサン・モリッツと称される。夏は登山やハイキングなどでにぎわい、東麓(とうろく)にひらふ温泉、西麓にニセコ五色(ごしき)温泉がある。ニセコ積丹小樽(しゃこたんおたる)海岸国定公園域。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニセコアンヌプリの関連キーワードニセコアンヌプリ明川森吉山ニセコアンヌプリ尻別川ワイスホルン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニセコアンヌプリの関連情報