コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニセコアンヌプリ ニセコアンヌプリ

7件 の用語解説(ニセコアンヌプリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニセコアンヌプリ
ニセコアンヌプリ

北海道南西部にある火山。標高 1308m。洞爺湖の北西に位置する。山岳名はアイヌ語で「峡谷に寄りかかる山」を意味する。輝石安山岩から成る溶岩円頂丘 (鐘状火山) 。夏季は頂上付近に 100種以上の高山植物がみられ,冬季はスキー場となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部、ニセコ倶知安町境にある、ニセコアンヌプリ火山群の主峰。標高1308メートル。スキー場・温泉がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部,倶知安(くっちゃん)町西部にある成層火山で,活火山であるニセコ火山の主峰。標高1308m。西側にはチセヌプリ,雷電山などがそびえる。中腹には温泉郷があり,ニセコ積丹(しゃこたん)小樽海岸国定公園に属し,スキー場として名高い。
→関連項目倶知安[町]ニセコ[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部,後志(しりべし)支庁にある成層火山。標高1309m。第四紀更新世の中期から末期にかけて形成された基底直径15kmに及ぶニセコ火山群の主峰。西方には2峰の溶岩円頂丘からなるイワオヌプリ(硫黄山。1118m)やニトヌプリ(1083m),チセヌプリ(1135m)の円頂丘が連なる。ニセコアンヌプリの中腹はハイマツ帯,上部はササと高山植物帯となっている。日本海に近いため季節風の影響を直接受け,山麓は積雪が2mをこえる多雪地帯となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ニセコアンヌプリ

北海道南西部、後志しりべし支庁にあるニセコ火山群の主峰。海抜1308メートル。スキー場がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕ニセコアンヌプリ


北海道南西部、渡島(おしま)半島の基部に噴出した火山。ニセコアンヌプリ火山群の主峰。標高1308m。三角形の美しい山頂部をもつ。山腹はダケカンバからハイマツ帯、山頂近くは高山植物とササ原が広がる。雪質・雪量ともに恵まれ、滑降距離も長い好条件を生かして、ニセコ国際ひらふ・ニセコアンヌプリ国際ほか多くのスキー場が立地し、「東洋のサンモリッツ」とよばれる。西腹の五色(ごしき)温泉、東麓(とうろく)の比羅夫(ひらふ)温泉など温泉も数多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニセコアンヌプリ
にせこあんぬぷり

北海道南西部、後志(しりべし)総合振興局管内のニセコ町と倶知安(くっちゃん)町との境界にある山。ニセコアンヌプリ火山群の主峰で、標高1308メートル。尻別(しりべつ)川を挟んで東の羊蹄(ようてい)山と相対す。山名はアイヌ語のニセイコアン・ヌプリ(断崖(だんがい)に向かってある山)の意。更新世(洪積世)中期に形成されたもので、輝石安山岩の溶岩、砕屑(さいせつ)物からなる。標高700~800メートルの所は台地状の溶岩流堆積(たいせき)面となっている。山腹はハイマツ、その上はササで覆われ、高山植物も多い。冬は積雪量が多く、スキーのメッカとして有名。付近にはニセコアンヌプリ、ニセコ国際ひらふなどのスキー場があり、東洋のサン・モリッツと称される。夏は登山やハイキングなどでにぎわい、東麓(とうろく)にひらふ温泉、西麓にニセコ五色(ごしき)温泉がある。ニセコ積丹小樽(しゃこたんおたる)海岸国定公園域。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニセコアンヌプリの関連キーワード渡島半島後志支庁胆振後志ニセコ倶知安後志利別川昆布[温泉]北海道虻田郡倶知安町北海道後志〈総合振興局〉

ニセコアンヌプリの関連情報