コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハディース ハディース Ḥadīth

翻訳|Ḥadīth

6件 の用語解説(ハディースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハディース
ハディース
Ḥadīth

「伝承」を意味するアラビア語。一般には,預言者マホメットの言行に関する伝承をさす。イスラム法学の発達とともにハディース学も発達し,伝承の内容 (マトン) と並んで伝承の伝達の過程および典拠 (イスナード) も重視された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハディース(〈アラビア〉Ḥadīth)

イスラム教の預言者ムハンマドの言行(スンナ)を伝える伝承のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハディース

〈伝承〉を意味するアラビア語。イスラムの預言者ムハンマドの言行(スンナ)に関する伝承をさす。スンナの内容を確定するうえできわめて重要。預言者の没後,宗教・倫理,法慣行における判断の基準となり,コーランに次ぐものとなる。
→関連項目ウラマータバリーマドラサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハディース【ḥadīth】

広くは伝承一般,狭くは預言者ムハンマドの言行に関する伝承を意味するアラビア語。狭義のハディースは,預言者の教えを守り,その人間像を後世に伝えようとするサハーバ(教友)の自然の情に発し,彼の死の直後から数多く語り継がれ,8世紀にズフリーによって最初に収集・記録された。それは一方で,ムハンマド伝に始まるイスラムの歴史叙述の発達を促したが,他方,預言者によって確立された宗教的・倫理的・法的慣行=スンナをハディース研究によって知ろうとした学者たち,ハディースの徒を誕生させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハディース【hadīth】

ムハンマドの言行に関する伝承。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハディース
はでぃーす
adth

一般には「物語」「報告」を意味するが、イスラム用語としては預言者ムハンマド(マホメット)の言行の記録、あるいは記録集をさし、「伝承」と訳される。預言者の言行それ自体はスンナ(預言者の範例)とよばれるが、ハディースはスンナの正式な記録として一定の形式をもつもので、「イスナード(伝承者の系譜)」と「マトン(本文)」からなり、スンナが本文をなす。預言者の没後も、預言者を直接に知る世代にとっては、スンナはハディースという形式をとる必要もなく口伝され、また初期イスラム共同体の慣行のうちに言語化されない形で存在していると考えられていた。そこからしだいに発展した初期(7世紀末まで)のハディースにはイスナードをもたないものも多い。
 預言者の時代から隔たると、預言者の伝説化を含む伝承の偽作を生み、また法学の体系化の過程でスンナの重要性が増し、それにつれて各地方ごとの慣行に基づくスンナの不一致が問題となり、さらに諸事情が重なって、正しいスンナの正確な記録の必要が要請された。そのため、イスナードを伴うハディースの収集が8世紀ころから盛んになる。このような状況下で、正式なハディース以外のスンナをスンナと認めず、ハディースとスンナの一体化を法理論上で決定したのがシャーフィイー(767―820)である。9世紀末ごろまでに膨大な数の伝承が収集され、多くの伝承集が編まれたが、スンニー派にとり権威があるとされるのは次の「六伝承集」である。すなわち、ブハーリー(810―870)とムスリム(817/821―875)おのおのによる二つの『サヒーフ集』と、アブー・ダーウード(817―888)、アッ・ティルミーディー(824―892)、イブン・マージャ(824―887)、ナサーイー(830―915)おのおのによる四つの『スナンの書』である。
 ハディース学は収集された伝承の真偽の判別批判の学である。判別基準は本文の内容ではなく、イスナードに求められ、その系譜にある伝承者の資質と直接的伝達の可能性からみて、各伝承は「真(サヒーフ)」「良(ハサン)」「不良(ダイーフ)」の3等級のいずれかに分類される。[小田淑子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハディースの言及

【スンナ】より

…この意味におけるスンナは,イスラム法の古典理論にいう四つの法源(ウスール),すなわちコーラン,スンナ,イジュマー(共同体の合意),キヤース(類推)の一つとして,コーランに次ぐ権威をもつ。しかし,スンナ自体は抽象的概念であって,その実質的内容を表すのがハディースと呼ばれるムハンマドの言行についての伝承である。つまり,スンナはハディースという入れ物の中にある。…

【タバカート】より

…アラビア語タバカṭabaqaの複数形で,〈同じ状態にある者〉を意味する。ハディース学では同一世代の学者をいう。ハディース学において,世代が問題とされるのは,イスラムにおけるハディースのあり方と大きくかかわっている。…

※「ハディース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハディースの関連キーワードアーイシャハーシム家ハディージャファーティマムサイリマムハンマドアリーロックハンマーイブン・サードサハーバムハンマド・ブン・ムハンマド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハディースの関連情報