コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバチ(葉蜂) ハバチsawfly

翻訳|sawfly

世界大百科事典 第2版の解説

ハバチ【ハバチ(葉蜂) sawfly】

膜翅目ハバチ上科Tenthredinoidea,ナギナタハバチ科Xyelidae,ヒラタハバチ科Pamphiliidaeに属する昆虫の総称。キバチ類やクキバチ類のハチとともに,胸部と腹部の間がくびれておらず,原始的なハチと見られている。全世界に約5000種知られており,温帯域に多い。成虫は春から夏にかけて出現し,年1世代のものが多いが,秋に出現するものもある。多くの種類は,繭の中で前蛹態(ぜんようたい)で越冬するが,卵越冬の種類もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハバチ(葉蜂)の言及

【ハチ(蜂)】より

…大別して三つのグループにわけることができる。まず第1のグループは広腰(こうよう)類(英名saw fly)と呼ばれ,キバチ,クキバチ,ハバチなどの種類を含んでいる。そのほとんどは食植性で,草木の葉,茎,材などを摂食して成長する。…

※「ハバチ(葉蜂)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報