コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシ(菱) ヒシTrapa japonica

3件 の用語解説(ヒシ(菱)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒシ(菱)
ヒシ
Trapa japonica

ヒシ科の水草でアジア東部の温帯に広く分布する。日本各地の池沼に自生する。泥中に根を張り,水深に応じて茎を伸ばし,上端は水面に達して多数の葉をつける。茎の節ごとに羽状に裂けた細い根を出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒシ(菱)【ヒシ】

ヒシ科の一年生水草。北海道〜九州,東アジアに分布。泥中に根があり,茎は長く,先端に葉が車座に集まってつく。葉柄は長く,一部が太くなって空気を入れ,浮袋の役をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒシ【ヒシ(菱) water chestnut】

池の水底から細い茎をのばし,夏に水面に葉を放射状にひろげ,水面をおおう一年生の水草(イラスト)。果実には逆歯のあるとげがあり,水底に固着して越冬する。春に,頂端部から芽を出し,泥中に根をおろし,水面に向かう茎をのばす。茎の各節には,対生し,細かく枝分れする水中根がある。葉は互生で,放射状に出る。長い葉柄があり,その中部はふくらんで浮袋となる。葉身はひし形で粗い鋸歯がある。次々と新しい葉がつくられ,枝分れもして繁茂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone