コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシ(菱) ヒシ Trapa japonica

3件 の用語解説(ヒシ(菱)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒシ(菱)
ヒシ
Trapa japonica

ヒシ科の水草でアジア東部の温帯に広く分布する。日本各地の池沼に自生する。泥中に根を張り,水深に応じて茎を伸ばし,上端は水面に達して多数の葉をつける。茎の節ごとに羽状に裂けた細い根を出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒシ(菱)【ヒシ】

ヒシ科の一年生水草。北海道〜九州,東アジアに分布。泥中に根があり,茎は長く,先端に葉が車座に集まってつく。葉柄は長く,一部が太くなって空気を入れ,浮袋の役をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒシ【ヒシ(菱) water chestnut】

池の水底から細い茎をのばし,夏に水面に葉を放射状にひろげ,水面をおおう一年生の水草(イラスト)。果実には逆歯のあるとげがあり,水底に固着して越冬する。春に,頂端部から芽を出し,泥中に根をおろし,水面に向かう茎をのばす。茎の各節には,対生し,細かく枝分れする水中根がある。葉は互生で,放射状に出る。長い葉柄があり,その中部はふくらんで浮袋となる。葉身はひし形で粗い鋸歯がある。次々と新しい葉がつくられ,枝分れもして繁茂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒシ(菱)の関連キーワードジュンサイ(蓴菜)セリ(芹)ヒシモドキ水草ウオーターシュート莕菜浅水水大葉子透きとおった糸をのばしてレーボックの堰の公式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone