コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッチ[湖] ピッチ

2件 の用語解説(ピッチ[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ピッチ[湖]【ピッチ】

西インド諸島,トリニダード・トバゴトリニダード島南西部のパリア湾に突出する半島に位置する湖。面積486km2,最深部75m。湖面はなめらかな黒いケーキ状に見えるが,周辺の石油地帯から浸潤した天然アスファルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピッチ[湖]【Pitch Lake】

西インド諸島南端,トリニダード・トバゴの湖。トリニダード島南西部のパリア湾に突出する半島に位置し,面積0.46km2,最深部の深さ87m。16世紀以来,天然アスファルトの産出で知られる。周辺の石油地帯からの浸潤によりできたといわれ,年間採掘量は約6万t(1974),ほとんどが輸出される。先史時代の動物の化石を産し,観光地にもなっている。【柳町 晴美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone