コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス社会党 フランスしゃかいとう Parti Socialiste

4件 の用語解説(フランス社会党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス社会党
フランスしゃかいとう
Parti Socialiste

フランスの政党。 1904年の第2インターナショナルアムステルダム大会決議に基づき,それまで分裂していた「フランス社会党」 Parti Socialiste de Franceと「フランス社会党」 Parti Socialiste Françaiseとが統合して翌 05年に結成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フランス社会党【フランスしゃかいとう】

1905年ジョレスの指導のもと社会主義諸派が合同して結成。当時の正称は〈インターナショナル・フランス支部(SFIO)〉。しかし,労働者はサンディカリスムにひきつけられていたため,大衆的政党となり得なかった。
→関連項目カシャンゲード第四共和政デュベルジェフランスブリアン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フランスしゃかいとう【フランス社会党 Parti socialiste français】

フランスの社会主義政党。略称PS(ペーエス)。1905年4月,ゲード派,可能派,アルマン派,ジョレス派などフランス社会主義の諸潮流が第二インターナショナルの指示にもとづいて統一し,社会党(正称は労働者インターナショナル・フランス支部Section française de l’internationale ouvrière,略称SFIO)をつくった。マルクス主義の原則を受け入れ,〈階級闘争および革命の党〉と宣言して,大戦前夜には100名の下院議員を擁する政党に発展したが,第1次世界大戦開戦直前,党を統合してきたジョレスが暗殺され,戦争勃発とともに党はブルジョア諸党と神聖同盟をつくって戦争に協力し,ゲードサンバトーマが戦時内閣に入閣した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス社会党
ふらんすしゃかいとう
Parti socialiste franais

略称PS。フランスの政党。現在のフランス社会党は1905年に結成された旧社会党(SFIO=Section franaise de l'Internationale ouvrire)とミッテランの率いる共和制度協議会(CIR=Convention des institutions rpublicaines)などの社会主義諸組織が、1971年6月のエピネー大会で合同して創立された新生社会党である。旧党の正式な党名は「社会党・労働者インターナショナル・フランス支部(PS‐SFIO=Parti socialiste-section franaise de l'Internationale ouvrire)」、新党は「社会党(PS=Parti socialiste)」。
 新生社会党は1972年6月に共産党との「共同政府綱領」に調印し、1974年には統一社会党(PSU=Parti socialiste unifi)のロカール派と合同して党を拡大した。その後1981年5月の大統領選挙で党首のミッテランを当選させ、第五共和政初の左翼政権を実現した。
 現在の社会党の前身であるSFIOは、ジョレスが率いる独立社会主義派およびポシビリスト(FTSF=Fdration des travailleurs socialistes de france)らが結成したフランス社会党(右派)PSF=Parti socialiste franaisと、ゲード派(POF=Parti ouvrier franaise)およびブランキストらが創立したフランス社会党(左派)PSDF=Parti socialiste de franceとが1905年4月のパリ大会で統一を実現して結党された。統一の前後にフランスの政界の大立て者となるブリアン、ミルラン、ビビアーニらが党を去る。ビシー政権の首相となるラバルの場合は第一次世界大戦の前夜に頭角を現し、戦後に離党した。この党の内部には右派と左派の社会党を構成した諸党派のほか、極左派のエルベ派などの分派が存在して党内抗争を繰り返したが、ジョレスの指導下でサンジカリストの労働総同盟(CGT=Confdration gnrale du travail)とも接近し、反「三年兵役法」や反戦平和の運動を果敢に展開して勢力を拡大した。1914年の総選挙では100議席余りを獲得するまでに成長した。しかしこの年の7月31日にジョレスが暗殺され、翌日に第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)すると方向転換して「神聖連合(ユニオン・サクレ)」に加担し、戦争に協力をしてゲードとM・サンバを入閣させた。戦局が長期化すると和平派が勢力を伸長させて、1918年7月の全国協議会では多数派を占めるに至り、同派のL・O・フロッサールLudovic-Oscar Frossard(1889―1946)が書記長になった。さらに1920年12月のトゥール大会では第三インターナショナル加盟支持派が約3分の2の圧倒的多数派を占め、彼らは共産党を結成した。社会党に残された少数派は当初弱体だったが、書記長ポール・フォールPaul Faure(1878―1960)(ゲード派)と議員団長ブルム(ジョレス派)の指導下で急速に勢力を回復した。1924年の総選挙で104議席を得て左翼カルテルの閣外協力与党になり、さらに1933年にマルケ、M・デアらのネオ・ソシアリスト・グループと分裂して痛手を受けたが、1936年には人民戦線を結成して、同年5月の総選挙で大勝を収めて第一党となり、ブルムを首相の座に送り込んだ。第二次世界大戦緒戦の敗北はこの党を危機に陥れ、書記長フォールをはじめとする党議員団の圧倒的多数はペタンへの全権授与に賛成票を投じた。しかし終戦後にレジスタンス参加者を主体に党を再建して、共産党、人民共和運動(MRP=Mouvement rpublicain populaire)とともに第四共和政を支えた「三党政治(トリパルティスムTripartisme)」の一角を担い、1947年の共産党閣僚閣外排除後は急進党、MRPなどとドゴール派・共産党に対抗する中道連合の「第三勢力Troisime force」の中軸となった。この時代の社会党は党首ギ・モレGuy Molet(1905―1975)の時代(1946~1969年)だったが、相次ぐ対植民地戦争やドゴールの再登場(第五共和政の成立)などの政局に有効な手が打てずに党勢を凋落(ちょうらく)させた。1965年の大統領選に向けて急進党やミッテランのCIRと民主社会左翼連合(FGDS=Fdration de la gauche dmocrate et socialiste・議長ミッテラン)を結成し、ミッテランを候補に擁立して善戦した。しかし1968年5月の学生反乱とゼネストに対応しきれず、同年6月総選挙とドゴール辞任後の1969年6月の大統領選で社会党のG・ドフェールGaston Defferre(1910―1986)候補は大敗を喫し、その結果、新生社会党結成の道を模索することになる。1969年7月のイシ・レ・ムリノー大会にサバリAlain Savary(1918―1988)の「左翼新生のためのクラブ同盟UCRG=Union des clubs pour le renouveau de la gauche」、ポペレンJean Poperen(1925―1997)の「社会主義グループ・クラブ同盟UGCS=Union des groupes et clubs socialistes」などが参加して新生社会党が結党され、サバリが第一書記に選出された。しかし本格的新党が発足するには2年後の1971年6月11~13日に開催されたエピネー党大会でミッテラン派=CIRが合流し、ミッテランが新生社会党の党首になるのを待たねばならなかった。ミッテランが第一書記に就任すると、共産党と接近を図って1972年6月に共産党との左翼政府共同綱領に調印した。1974年の大統領選でミッテランがジスカール・デスタンに惜敗したが、1974年には統一社会党のロカール派とフランス民主労働総同盟の活動家が参集して今日の社会党の枠組みが最終的にできあがり、若者や労働組合(フランス民主総同盟CFDT=Confdration franaise dmocratique des travailleursなど)や教師などの多彩な左翼勢力を結集して起死回生の転換を果たし、政権の展望はにわかに現実化した。1981年に党首ミッテランはジスカール・デスタンを降(くだ)して大統領に当選、すぐさま国民議会を解散し社会党が過半数を占めて圧勝した。左翼政権発足当初の経済政策の混乱や党内抗争に、1984年の共産党の政権離脱が重なって、支持基盤を狭めた社会党は1986年総選挙に敗れて、シラク右翼内閣とのコアビタシオン(保革共存体制)を経験したが、1989年の大統領選でミッテランは再選を果たし、議会解散後の総選挙で社会党内閣が再度樹立された。1995年にミッテランは2期目の7年任期を終え、当選を確実視されていた後継者でヨーロッパ委員会の委員長であったドロールが大統領選立候補を辞退し、党首のジョスパンLionel Jospin(1937― )が立候補して僅差(きんさ)でシラクに敗れた。しかし1997年の総選挙で左翼は勝利して、シラク大統領のもとでのジョスパン内閣が樹立された(~2002)。ミッテランは1996年死去。
 2002年の大統領選挙でもジョスパンを擁立したが、左翼候補乱立のため、極右国民戦線のジャン・マリー・ルペンJean-Marie Le Pen(1928― )の後塵(こうじん)を拝し決選投票に残れず、その後ジョスパンは政界を引退する。2007年大統領選挙では、2006年11月の党内投票で60.62%を獲得した女性候補セゴレヌ・ロワイヤルSgolne Royal(1953― )を押し立て、決選投票では46.94%の票を獲得したもののサルコジに敗退した。しかし、2008年3月の地方選挙や同年9月の元老院選挙で社会党は躍進し、国民議会、元老院とも議席の3分の1を占めた。2008年11月のランスでの党大会では、パリ市長であるベルトラン・ドラノエBertrand Delano(1950― )の支持を得たマルチーヌ・オブリMartine Aubry(1950― )がロワイヤルを僅差で破り、党首である第一書記の座に選ばれた。その後2010年3月の州(地域圏)選挙で、フランス社会党は本土22の州のうち21で議席の過半数をとり、大勝。同年10月の社会党大統領候補予備選挙でオランドが選出され、2012年の大統領選挙でサルコジを破り大統領に当選した。[横山謙一]
『海原峻著『フランス社会党小史』(1979・新泉社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランス社会党の関連キーワードトーマサンシモン社会党マロンCOMISCO独立労働党喜安朗アルマーヌ《現代フランスにおける社会主義と共産主義》フランス社会主義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランス社会党の関連情報