コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーレーズ ブーレーズ Boulez, Pierre

7件 の用語解説(ブーレーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーレーズ
ブーレーズ
Boulez, Pierre

[生]1925.3.26. モンブリゾン
フランスの作曲家,指揮者。パリ音楽院でオリビエ・メシアンアンドレ・ボラブール,ルネ・レイボビッツに学ぶ。 1948年ジャン=ルイ・バローの招きで,マリニー座の作曲家,指揮者となる。 1954年現代音楽コンサート「ドメーヌ・ミュジカル」を創始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブーレーズ(Pierre Boulez)

[1925~2016]フランスの作曲家・指揮者。メシアンに師事。シュトックハウゼンらとともに前衛音楽担い手となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブーレーズ

フランスの作曲家,指揮者。第2次世界大戦後を代表する作曲家の一人。ロアール県のモンブリゾンに生まれ,早くからピアノに親しむ。1943年―1945年パリ音楽院に学び,メシアンらに師事した。
→関連項目尹伊桑偶然性の音楽シェローダルシマーツィンマーマンビブラフォンベリオホリガーポリーニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ブーレーズ

フランスの作曲家。3曲のピアノ・ソナタの他、2台ピアノのための作品を創作している。パリ音楽院でメシアンに和声を師事した。また、対位法をアンドレ・ヴォラブールに、十二音技法をレボヴィツに個人的に学んで ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブーレーズ【Pierre Boulez】

1925‐
フランスの作曲家,指揮者。ロアール県の技師の家庭に生まれ,早くからピアノを学び,聖歌隊の隊員として音楽に親しむ。1943年パリ音楽院に入学,メシアンに作曲を師事し,ドビュッシーストラビンスキー,シェーンベルクなどの作曲技法を習得した。1946年,《フルートとピアノのためのソナチネ》《ピアノ・ソナタ第1番》《婚礼の顔》を発表し,新鋭作曲家として注目を集めると同時に,J.L.バロー劇団の音楽監督として指揮活動も開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブーレーズ【Pierre Boulez】

1925~ ) フランスの作曲家・指揮者。メシアンに師事。フランス前衛音楽の代表的存在。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーレーズ
ぶーれーず
Pierre Boulez
(1925―2016)

フランスの作曲家、指揮者。中部フランス、ロアール県のモンブリゾンに生まれる。パリ音楽院でメシアンに和声を、作曲家オネゲルの夫人に対位法を、レイボウィッツに十二音技法を学ぶ。1946~1956年、ルノー・バロー劇団の音楽監督を務め、1954年には同劇団の協力を得てパリに現代音楽連続演奏会「ドメーヌ・ミュジカルDomaine Musical」を組織してその運営と指揮にあたり、1955年初演の『主なき槌(つち)(ル・マルトー・サン・メートル)』Le Marteau sans matreで作曲家としての地位を確保する。ノーノ、シュトックハウゼンとともに、ダルムシュタット夏期音楽講座の中心人物として、非常に大きな影響力を残す。その作風は、ウェーベルンのセリー技法を拡大したトータル・セリエリズムの技法に基づく、きわめて繊細で感覚的な書法を特徴とする。
 代表作に『ストリュクチュール』Structures(第1集1951、第2集1956~1961)、『エクラ』clats(1964)、『プリ・スロン・プリ』Pli Selon Pli(最終稿1969)などがある。1970年代後半から1991年にかけては、パリのポンピドー・センターの音楽研究所IRCAM(イルカム)初代所長を務めた。研究所の巨大なコンピュータを用いた作品『レポン』Rpons(1981~1986)は、生(なま)のオーケストラ音をリアルタイムで電子的に加工してスピーカーを通して聴くという試みで、1980年代のコンピュータ音楽の代表といわれている。1960年代以来、ブーレーズはフランス現代音楽の事実上のリーダーを務めた。また指揮者としてもきわめて高名であった。1967年(昭和42)以来、数度来日した。[細川周平]
『店村新次訳『意志と偶然』(1977・法政大学出版局) ▽船山隆・笠羽映子訳『ブーレーズ音楽論――従弟の覚書』(1982・晶文社) ▽笠羽映子・野平一郎訳『参照点』(1989・書肆風の薔薇) ▽笠羽映子訳『現代音楽を考える』(1996・青土社) ▽笠羽映子訳『標柱音楽思考の道しるべ』(2002・青土社) ▽フェーリックス・シュミット著、高辻知義訳『音楽家の肖像――作曲家と演奏家の工房から』(1987・音楽之友社) ▽磯田健一郎著『近代・現代フランス音楽入門』(1991・音楽之友社) ▽ミケル・デュフレンヌ著、桟優訳『眼と耳――見えるものと聞こえるものの現象学』(1995・みすず書房) ▽吉田秀和著『吉田秀和全集5 指揮者について』新装復刊版(1999・白水社) ▽Dominique Jameux, Susan Bradshaw:Pierre Boulez(1990, Harvard University Press) ▽Jean Vermeil, Camille Naish:Conversations with Boulez;Thoughts on Conducting(1996, Amadeus Press)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブーレーズの言及

【ウォツェック】より

…十二音技法も部分的に使われているが,全体としては無調の作風によって作曲され,歌と語りの中間のシュプレヒシュティンメSprechstimmeが,きわめて効果的に使われている。表現主義のオペラの傑作と評価され,P.ブーレーズは,〈《ウォツェック》でオペラというジャンルは死滅した〉と論じている。【船山 隆】。…

【偶然性の音楽】より

…C.ウォルフ,M.フェルドマン,E.ブラウンらのケージ一派の作曲家は,サティの音楽,ダダ,シュルレアリスム,禅,易学などから多くの影響を受けながら,〈インデターミナンシー(不確定性)〉〈ハプニング〉〈イベント〉などと称される生きた音楽行為を重視する音楽活動を展開した。ケージ一派の音楽とその思想は,54年10月にドナウエッシンゲン音楽祭でヨーロッパに紹介され,ブーレーズシュトックハウゼンに衝撃を与えた。ブーレーズは57年のダルムシュタット国際夏期講習会で,〈アレア(ラテン語で賭け,さいころの意)〉と題した論文を発表し,作曲や演奏の次元で部分的に偶然性を利用する〈管理された偶然性〉が重要であることを主張した。…

【コンピューターミュージック】より

…これは電子オルガンやコンピューターのキーボード,ジョイスティックなどのインターフェースの操作によりリアルタイムで音響に変化を与えることができるシステムであった。これは一方ではシンセサイザー,サンプラーの開発やMIDIとパーソナルコンピューターの誕生と共に,(3)の形のコンピューターミュージックを可能にし,他方ブーレーズを初代所長として1970年代初頭にパリに開設された研究所IRCAMでは,パワフルなコンピューター4Xを用いて,DSPのさまざまなテクニックが探求されるようになる。ブーレーズはリアルタイムで器楽演奏の音を増幅したり,空間的に配分したりするこのテクニックを用いる《レポン》(1981)を作曲した。…

【十二音音楽】より

…1950年代以降ストラビンスキーが採用した十二音技法はクルシェネクの方法によるものが多い。また大戦後ブーレーズが主張した音列の移置形の新しい作り方も,基本的にはクルシェネクの方法と同じである。 十二音技法は第2次世界大戦後世界的に広まり,多くの作品を生み出したが,ブーレーズはセリーの思考を音高以外の要素(音価,音強,音色)にまで適用したミュジック・セリエルに発展させた。…

【フランス音楽】より

…同楽派のためにポーランド出身のレイボビッツが,精力的な教育宣伝活動を展開した。2人に師事した青年たちのうちにブーレーズがいて,しだいに頭角を現す。彼はメシアンの探求と十二音音楽の方法論とを結合した上で,バレーズの〈組織された音響〉からも示唆を受け,音楽の諸構成要素を全面的に組織化(セリー化)する試みに向かった。…

※「ブーレーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブーレーズの関連キーワードフランス組曲マルティノンロアール川ロシュアミシランクスラクメジュボエシュミット, フランツトゥーレーヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーレーズの関連情報