プロパン(英語表記)propane

翻訳|propane

百科事典マイペディアの解説

プロパン

化学式はCH3CH2CH3。メタン系炭化水素の一つ。無色の可燃性気体。融点−188℃,沸点−42.1℃。純粋のものは無臭。反応性は乏しい。脱水素によりプロピレンCH3CH=CH2が得られる。石油の分解ガスとして製造され,燃料,冷媒,エーロゾル剤として利用。→液化石油ガス
→関連項目石油化学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロパン【propane】

炭素数3個のアルカン(脂肪族鎖式飽和炭化水素)。化学式CH3CH2CH3。弱い特異臭をもつ無色の気体で,空気より重い。融点-187.69℃,沸点-42.07℃,比重1.5(空気=1)。天然ガスの一成分として産し,また原油中に存して,石油精製における蒸留ガスに含まれる。重質油の分解(クラッキング)また接触改質などの際に副生する。化学反応性は低いが,脱水素してプロピレン,塩素化により塩化プロパン,ニトロ化によりニトロプロパンなどを生成させることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロパン
ぷろぱん
propane

アルカンのうち炭素3個の炭化水素をいう。天然ガスおよび粗石油の成分。無臭の気体で、輝かしい炎を出して燃える。燃焼熱は1モル当り528.4キロカロリー(定容)。燃料としてブタンと混合したものが用いられる。有機合成原料となり、高濃度で麻酔作用がある。

[佐藤武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

プロパン

〘名〙 (propane)
① 飽和鎖式炭化水素の一つ。化学式 C3H8 天然ガス、原油に含まれ、分解ガスとして石油精製工程で副成する。主として燃料。ほかに冷媒・溶剤として用いられる。
② 「プロパンガス」の略。
※階級(1967)〈井上光晴〉一一「やっぱりプロパンはちがうねえ、大分沸いてきたよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

プロパン
プロパン
propane

C3H8(44.10).CH3CH2CH3湿性ガスの一成分.原油中に溶存する.石油系炭化水素の分解または改質により副生する.製法は,上記のガスより濃縮し,低温分留などにより分離する.構造は,エタン水素原子の一つがメチル基と置換したもので,∠C-C-C112°を示す.弱い特異臭のある,空気より重い無色の気体.融点-187.69 ℃,沸点-42.07 ℃.爆発範囲2.4~9.5体積%.化学反応性は低いが,ゼオライト触媒を用いて芳香族炭化水素を合成するプロセスの原料となる.単独に,またはプロペンブタンブテンなどとの混合物で,液化石油ガスとして燃料に用いられる.また,潤滑油精製の脱ろう用溶剤に用いられる.[CAS 74-98-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報