コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペインクリニック(英語表記)pain clinic

百科事典マイペディアの解説

ペインクリニック

pain clinicとは〈痛みの診療所〉の意。実際には,単に痛みを抑えるだけでなく,病気に伴った不快な症状を緩和し,患者の日常生活に活気を取り戻してもらうための診断と治療を行う。1962年,東京大学病院に日本ではじめてペインクリニックが新設されたのをきっかけに,それまで個々の診療科で麻酔科医を中心に行われていたものが,独立の科として認識されるようになった。 以後,末期(がん)の痛みに対する治療などを中心に注目を集めるようになり,1985年には日本ペインクリニック学会が設立された。1988年からは認定医承認制度が導入され,指定研修医施設145,認定医は369名を認定した。2006年には,認定医をペインクリニック専門医と改名し,2011年現在,指定研修施設312,専門医は1469名。 診療の対象は,頭・顔の痛み(機能性頭痛:画像診断などでは異常が見られない頭痛,偏頭痛,群発頭痛,三叉(さんさ)神経痛,側頭動脈炎など),首・肩・腕の痛み(頸肩腕症候群,頸椎症,肩関節炎など),腰・足の痛み(腰痛症,腰椎椎間板ヘルニア骨粗鬆症など)。他に,帯状疱疹,帯状疱疹後神経痛,反射性交感神経性萎縮症,癌性疼痛などの痛みを伴う病気や,顔面神経麻痺,白蝋(はくろう)病,アレルギー性鼻炎,更年期障害などの血液の循環や免疫,ホルモンの異常による痛みなど。 痛みの治療には,〈神経ブロック療法〉(部位によって,星状神経節ブロック,硬膜外ブロック,交感神経節ブロックなどがある)および薬物療法が行われる。ただし,痛みは身体の異常を知らせる警報であり,痛みをむやみに止めることは危険。痛みの原因を解明して,その原因となっている疾患を治療しなければならない。
→関連項目標榜診療科

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペインクリニック【pain clinic】

痛みの診断と治療を専門的に行う診療科で,疼痛外来とも呼び,痛みを除去する治療を除痛術ということもある。診療は麻酔科医が担当するが,関係各診療科の協力を得て運営されている。
[痛みの原因疾患]
 痛みの治療は原因疾患を診断し,これを治療することが根本方針であり,痛みの原因を除去せずに鎮痛薬あるいは局所麻酔で痛みを緩和させるのは対症療法である。しかし痛みを伴う疾患のなかには,医学的に原因除去が難しいだけではなく,通常の薬物療法では痛みの治療が困難な疾患は多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペインクリニック【pain clinic】

神経痛・癌末期の痛みなど、治りにくい痛みの軽減を目的とする診療部門。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペインクリニック
ぺいんくりにっく
pain clinic

痛みの診断と治療を目的とした診療施設をさし、麻酔科の専門分野の一つである。診断の対象とされる痛みは、もとの病気を治せばすぐに治まるような痛みだけではなく、慢性痛あるいは難治疼痛(とうつう)が中心である。麻酔科医、整形外科医、精神科医、脳外科医といった各科の医師や薬剤師、看護師、理学作業療法士らが集まって、患者の痛みを総合的に診断、治療しているような施設を、とくにペインセンター(ペインクリニックよりも規模が大きく、麻酔科という範疇(はんちゅう)を越えた独立した総合的な組織)とよぶ。ただし、ペインセンターの運営はときとして非常にむずかしく、日本のペインクリニックでは普通、麻酔科医が薬物療法と神経ブロックをおもな治療手段として痛みの治療を行っている。
 ペインクリニックの治療対象となるものは、三叉(さんさ)神経痛、帯状疱疹(ほうしん)後神経痛などをはじめとする神経痛、顔面痛、頭痛、筋膜疾患、頸部(けいぶ)・背部・腰部における筋肉のこりを伴う痛み、五十肩、むち打ち症、悪性腫瘍(しゅよう)による痛み(癌(がん)末期の内臓痛、胸痛、癌転移による痛み)、四肢の血行障害などである。また、痛みを伴うものではないが、顔面けいれん、顔面神経麻痺(まひ)、突然性難聴などもよく対象となる。
 ペインクリニックで用いられる神経ブロックは、大きく分けると治療的ブロック、診断的ブロックの二つとなる。また、ブロックを行う神経によって、体神経ブロックと交感神経ブロックとに分けられる。診断的ブロックというのは、たとえば、下肢の血行障害があり、治療として外科的に交感神経切除術を行うことが有効かどうかを決めなければならないとき、まず、交感神経ブロックを行い、その効果の有無によって手術の方針をたてるような場合をいう。[山村秀夫・山田芳嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペインクリニックの言及

【痛み】より

…古くから痛みの治療に使われてきたはり(鍼)も痛みを和らげる脳の仕組みと無関係ではないように思われる。
[ペインクリニックpain clinic]
 主として慢性の痛みを専門に治療する特殊な診療部門で,末梢神経の興奮伝導を遮断する神経ブロックが治療法の主体をなしている。疼痛外来ともよばれる。…

【痛み】より

…古くから痛みの治療に使われてきたはり(鍼)も痛みを和らげる脳の仕組みと無関係ではないように思われる。
[ペインクリニックpain clinic]
 主として慢性の痛みを専門に治療する特殊な診療部門で,末梢神経の興奮伝導を遮断する神経ブロックが治療法の主体をなしている。疼痛外来ともよばれる。…

※「ペインクリニック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペインクリニックの関連情報