コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウール ラウール Raoult, François-Marie

4件 の用語解説(ラウールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウール
ラウール
Raoult, François-Marie

[生]1830.5.10. フルネザンウェップ
[没]1901.4.1. グルノーブル
フランスの化学者。グルノーブル大学教授 (1870~1901) 。希薄溶液氷点降下非電解質の溶質濃度に比例すること (1878) ,電解質溶液ではそれが成立しないこと (84) ,さらに希薄溶液の蒸気圧降下についての法則 (ラウールの法則 ) を導いた (88) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラウール
ラウール
Raoul

[生]?
[没]936.1.14./936.1.15. オーセール
西フランク王(在位 923~936)。ブルゴーニュ公(在位 921~936)。政治の不安定が続いたこの時代の典型ともいえる波乱の生涯を送り,みずからの権威を確立できたのは死の直前であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ラウール【François Marie Raoult】

1830~1901) フランスの物理化学者。希薄溶液を研究、凝固点降下の法則、蒸気圧降下についてのラウールの法則を発見。新しい分子量測定法を開拓した。物理化学の創設にも貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウール
らうーる
Franois Marie Raoult
(1830―1901)

フランスの化学者。5月10日フルネに生まれ、4月1日グルノーブルに没する。貧困のため中学教師をしながらパリ大学で学位を得る(1863)。1867年グルノーブル大学助手、1870年以降同大学化学教授。1878年有機物の水溶液や他の溶液における氷点は、溶質1モル当りについて溶質の種類にかかわらず一定であり、溶質の濃度の減少に伴い氷点が下がることを発見し、「溶質分子は化学的種類と無関係に溶媒の性質に一様に影響し、氷点降下は溶質濃度に比例する」という法則(ラウールの第二法則といわれた)を実験的に立証した。引き続き彼は、溶液の蒸気圧降下についても同様の結論を出した(ラウールの第一法則)。このラウールの法則は、あらゆる無限希釈溶液は「完全」溶液すなわち「理想」溶液として挙動するということを示している。このことは、1908年G・N・ルイスによって確立された理想溶液の概念をすでに実験的にみいだしていたものとして重要な意義をもつ。さらに、1884年彼自ら実験的に検証した「ラウールの法則は溶質溶媒間相互作用の強い電解質水溶液では成立しない」という事実は、のちに、浸透圧の物理的解明に基づくファント・ホッフの希薄溶液理論やアレニウスの電解質分子の解離に関する学説にとって重要な実験的基礎となった。また、以上のラウールの法則を基礎として、溶液中に現存する分子の質量(分子量)の測定が可能になり、分子量測定法に新しい手段を提供し、その方法は今日でも広く利用されている。[大友詔雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラウールの言及

【カロリング朝】より

… フランク王国そのものは,カール3世(皇帝在位881‐887)のとき一時統合されるが,この皇帝はノルマン人対策に失敗した。その間に西フランクでは,ノルマン人のパリ包囲(885‐886)で功績をあげたロベール家(後のカペー家)のウードEudes(在位887‐897)や,ブルゴーニュのラウールRaoul(在位923‐936)が王に選ばれ,この王朝による王位の独占の原則は,早くもやぶれ,ユーグ・カペーの登極によってカロリング朝は終わった(987)。東フランクでは911年のザクセン朝の登場によってこの家系の王・皇帝は絶える。…

【ロベール家】より

…885‐886年ノルマン人の攻撃からパリを防衛して名を挙げたウードEudes伯は,887年のカール3世の廃位後,有力諸侯に推されて国王になり,ここにカロリング体制は事実上終了する。898年ウードの死後,王権は再びカロリング家に戻るが,922年シャルル3世単純王に対する反乱を指導した辺境伯ロベール1世が国王に選出されるが,わずか1年の治世で死去し,彼の婿ブルゴーニュ公ラウールRaoul(在位923‐936)が王位を継ぐ。936年のラウールの死後,有力諸侯の勢力均衡からカロリング家のルイ4世が国王に担ぎ上げられるが,ロベール1世の息子ユーグ・ル・グランHugues le Grandはこの状況を巧みに利用して,943年フランス公の地位を得て,息子ユーグ・カペーの国王選出の礎を固めた。…

※「ラウール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラウールの関連キーワード家山ルネ残雨フルネームフルネルソン胸算用脛三昧サザンウェーブ エフエムみやこなまえペン パワフルネームねるね

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラウールの関連情報