レントゲン(単位)(読み)レントゲン

百科事典マイペディアの解説

レントゲン(単位)【レントゲン】

X線,γ線の照射線量の単位。記号R。X線またはγ線の照射により,空気1kgにつき放出された電離性粒子が,空気中でそれぞれ2.58×10(-/)4クーロンの電気量をもつ正および負のイオン群を生じさせる照射線量(計量法)。X線の発見者W.C.レントゲンにちなむ。1980年代の後半からは,照射線量として,レントゲンに代わり,クーロン毎キログラム(C/kg)が用いられている。1R=2.58×10(-/)4C/kg。
→関連項目放射線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android