コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシミミズク(鷲木菟) ワシミミズク eagle owl

翻訳|eagle owl

1件 の用語解説(ワシミミズク(鷲木菟)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワシミミズク【ワシミミズク(鷲木菟) eagle owl】

フクロウ目フクロウ科の鳥(イラスト)。全長約72cm。とくに雌は大きく,翼の開張1.8m,体重4kgに達するものがある。極地圏を除くユーラシア大陸の大部分と北アフリカに分布する。日本では迷鳥として数回記録があったが,1994年に北海道での繁殖が確認された。人里離れた大森林,岩場,荒地に留鳥としてすみ,一年中テリトリーをもっている。羽色は赤みのある黄褐色かクリーム色で全体に不規則な縞や斑がある。体が大きく力が強いので,もっとも強力な夜の猛禽(もうきん)ということができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワシミミズク(鷲木菟)の関連キーワード木の葉木菟島梟白梟袋猫袋蟻食面梟フクロウが多すぎるふくろうの叫び福島平九郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone