コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下部[町] しもべ

百科事典マイペディアの解説

下部[町]【しもべ】

山梨県南部,西八代(にしやつしろ)郡の旧町。富士川の支流常葉(ときわ)川流域天守(てんしゅ)山地の西斜面を占め,畑作を行い,林産物も産する。南部にある下部温泉(単純泉,28〜34℃)は武田信玄の隠し湯として知られ,国民保養温泉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもべ【下部[町]】

山梨県南部,西八代郡の町。人口6205(1995)。天守山地の西斜面から富士川東岸までを占め,常葉(ときわ)川,三沢川が西流して富士川に注ぐ。〈信玄の隠し湯〉で知られる下部温泉(単純泉,28~34゜C)を中心とした古くからの温泉町で,身延山富士五湖観光の基地となっている。温泉は外傷などに効能があるとされ,武田信玄が傷病兵を治療させたと伝えられる。国民温泉に指定され,長期の湯治客が多い。傾斜地には桑園が多かったが,近年は茶や,シイタケ栽培が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下部[町]の関連情報