コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不束 フツツカ

2件 の用語解説(不束の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふつつか【不束】

[形動][文][ナリ]
気のきかないさま。行きとどかないさま。不調法。「―な点はお許しください」
太くて丈夫なさま。
「いと大きやかに、―に肥え給ひつるが」〈宇津保・蔵開上〉
太くてぶかっこうであるさま。
「指の―になるを厭(いと)ひて」〈浮・禁短気・三〉
風情がなく、下品であるさま。無骨。
「山賤(やまがつ)の焚(た)き木を負へる如くなる、いかにも―なる我が身に」〈仮・竹斎・上〉
[派生]ふつつかさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふつつか【不束】

( 形動 ) [文] ナリ 
思慮や能力が足りず、行き届かないさま。未熟。 「 -ながら精一杯努めます」
教養がないさま。たしなみがないさま。また、野暮。 「さても恋も情もない-なお方/歌舞伎・壬生大念仏」
優美繊細でないさま。大雑把なさま。 「布の-なるを着たり/今昔 14」 「黒方をおしまろがして、-にしりさき切りて/紫式部日記」
太くて不恰好ぶかつこうなさま。不細工なさま。 「いと荒々しく-なる様したる翁の/源氏 浮舟
太くて立派なさま。重々しいさま。 「いと大きやかに-に肥え給へるが/宇津保 蔵開上」 「 -なる後見まうけて/源氏 帚木
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不束の関連キーワード清朗木偶の坊鈍げ半端半間不束者へまもさっと利かん坊弛い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone