コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津[市] なかつ

百科事典マイペディアの解説

中津[市]【なかつ】

大分県北部の市。1929年市制。周防灘(すおうなだ)に臨み,山国川流域を占める。河口部の中心市街は中津平野の中心で,16世紀末以降黒田,細川小笠原,奥平諸氏の城下町として発達,明治中期以来,製糸紡績製材などの工業が興り,第2次大戦後は製鋼鋼板,陶器の大工場も進出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかつ【中津[市]】

大分県北端の市。1929年市制。人口6万7115(1995)。市域は周防灘に臨む中津平野の西部にあたり,山国川下流の沖積低地とその南東に続く標高10~30mの洪積台地からなる。古代は豊前国の一中心であり,宇佐神宮を中核とする文化が栄えた。16世紀末に黒田孝高が入部,以降,細川氏,奥平氏らの城下町であった。1871年(明治4)の廃藩置県により中津藩は中津県となり,さらに小倉県などを経て,76年には大分県に編入された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中津[市]の関連キーワード耶馬日田英彦山国定公園耶馬渓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android