中津[市](読み)なかつ

百科事典マイペディアの解説

中津[市]【なかつ】

大分県北部の市。1929年市制。周防灘(すおうなだ)に臨み,山国川流域を占める。河口部の中心市街は中津平野の中心で,16世紀末以降黒田,細川,小笠原,奥平諸氏の城下町として発達,明治中期以来,製糸,紡績,製材などの工業が興り,第2次大戦後は製鋼,鋼板,陶器の大工場も進出。近年は先端技術産業,自動車関連産業を中心に産業の集積が進み,工業出荷額が伸展。周辺農村部は米作のほかハクサイ,ブロッコリーなど野菜栽培が盛ん。遠浅の海を生かしたノリ養殖,貝採も行われる。日豊本線,東九州自動車道が通じ,山国川中・上流に耶馬渓があり,耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に属する。中津城跡,福沢諭吉旧居・記念館がある。2005年3月下毛郡本耶馬渓町,耶馬渓町,山国町,三光村を編入。491.53km2。8万4312人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかつ【中津[市]】

大分県北端の市。1929年市制。人口6万7115(1995)。市域は周防灘に臨む中津平野の西部にあたり,山国川下流の沖積低地とその南東に続く標高10~30mの洪積台地からなる。古代は豊前国の一中心であり,宇佐神宮を中核とする文化が栄えた。16世紀末に黒田孝高が入部,以降,細川氏,奥平氏らの城下町であった。1871年(明治4)の廃藩置県により中津藩は中津県となり,さらに小倉県などを経て,76年には大分県に編入された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android