中里[村](読み)なかさと

世界大百科事典 第2版の解説

なかさと【中里[村]】

新潟県南部,中魚沼郡の村。人口6602(1995)。十日町盆地南部にあり,信濃川と支流清津川の河岸段丘上に集落耕地が発達する。清津川東岸低位段丘面の桔梗(ききよう)原は,天明年間(1781‐89)に旧田沢村庄屋村山五郎兵衛によって開田された。上位段丘面は水利が悪く,第2次大戦前までは放的な切替畑に利用されていたにすぎなかったが,1966年から国営のパイロット事業がすすめられ,清津川の水を揚水し,200haが水田化された。

なかざと【中里[村]】

群馬県南西部,多野郡の村。人口1058(1995)。神流(かんな)川上流の関東山地を占め,南は埼玉県と接する。村域の大部分は山林で,水田はほとんどなく,コンニャク,シイタケなどの栽培が行われる。第2次大戦中までは羊の飼育も行われた。1960年以降,人口流出が激しく,過疎化が著しい。国道299号線が通じる。【千葉 立也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android