コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達政宗(1) だて まさむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達政宗(1) だて-まさむね

1353-1405 南北朝-室町時代の武将。
文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年生まれ。伊達行朝(ゆきとも)の孫。伊達宗遠(むねとお)の子。妻は京都石清水八幡宮の善法寺通清の娘(蘭庭明玉禅尼)。応永6年,9年と2度にわたり鎌倉公方足利満兼(みつかね)とたたかう。本領の陸奥(むつ)伊達・信夫郡(福島県)を中心に勢力をひろげ,伊達氏中興の祖とされる。大膳大夫(だいぜんのだいぶ)。応永12年9月14日死去。53歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊達政宗(1)の関連キーワード室町時代南北朝

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android