コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐原[市] さわら

百科事典マイペディアの解説

佐原[市]【さわら】

千葉県北東部の旧市。1951年市制。北部は利根川流域の低湿地,南部は下総(しもうさ)台地の一部。付近は古代から香取神宮の神領として開け,古くから酒,みそ,醤油など醸造業が盛んで,中心市街は近世には利根川水運の河港として栄えた。
→関連項目大栄[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さわら【佐原[市]】

千葉県北部の市。北は利根川に面し,南は下総台地に広がる。1951年佐原町,香取町,東大戸村,香西村が合体,市制。人口4万9945(1995)。古代から香取神宮の神領として開けた地で,中世には利根川沿いに津が点々と存在し,津は香取神宮に供祭料を貢献して漁猟と交通の特権をえた海夫の基地となっていた。津は近世に河岸となり,中心の佐原は利根川水運の発展によってその河港として栄え,利根川下流一帯の米,肥料の集散地となり,酒,しょうゆ,みそなどの醸造業も発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

佐原[市]の関連キーワード水郷筑波国定公園伊能忠敬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android