コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田[町] かつた

百科事典マイペディアの解説

勝田[町]【かつた】

岡山県北東部,吉井川の支流梶並(かじなみ)川流域を占める勝田郡の旧町。農林業が主で木材タバコシイタケミツマタを産する。上流の梶並地区は広大な山林地域で木地屋集落もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かつた【勝田[町]】

岡山県北東部,勝田郡の町。人口4132(1995)。吉井川の支流梶並川源流部を占める南北に長い町で,河川沿いに低地があるほかは中国山地の山地が広く分布する。農林業を基幹産業とし,特に北部の梶並地区は県下屈指の林業地帯で,栗,シイタケ,ミツマタを産し,製材工場が立地する。梶並川谷奥には木地屋集落があり,古い習俗が残る。また当人祭で知られる梶並神社がある。梶並川ではマスの養殖が行われ,久賀ダムは釣りの名所である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報