コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匹/疋

デジタル大辞泉の解説

き【匹/×疋】

[接尾]《「ぎ」とも》助数詞。
馬などを数えるのに用いる。
「ゆきやらで雪の尾花と見つるかなひと―ふた―の駒にまかせて」〈夫木・一八〉
反物の布帛(ふはく)を数えるのに用いる。
「幾―ともえこそ見わかね秋山のもみぢの錦よそにたてれば」〈後撰・秋下〉

ひき【匹/×疋】

[名]
2反続きの反物を単位として表す語。大人の着物と羽織とを対で作るときなどに用いる。
銭を数える単位。古くは10文、のち25文を1匹とした。
[接尾]助数詞。動物・鳥・昆虫・魚などを数えるのに用いる。上に来る語によっては「びき」「ぴき」となる。「2―の

びき【匹/×疋】

[接尾]ひき(匹)」に同じ。「三―の子猫

ぴき【匹/×疋】

[接尾]ひき(匹)」に同じ。「一―の

ひつ【匹】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヒツ(漢) [訓]ひき
〈ヒツ〉
対になる相手。「匹偶匹敵
一人の男や女。また、身分の低い者。「匹夫匹婦
馬を数える語。「匹馬馬匹
〈ひき(びき・ぴき)〉「匹物一匹狼(いっぴきおおかみ)
[名のり]あつ・とも

むら【匹/×疋】

[接尾]助数詞。巻いた織物を数えるのに用いる。
「くれはどりといふ綾をふた―包みてつかはしける」〈後撰・恋三・詞書〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

匹/疋の関連キーワード11ぴきのねこ ふくろのなか11ぴきのねことへんなねこ見ざる・聞かざる・言わざる小姑一人は鬼千匹にむかう銚子渓自然動物園お猿の国11ぴきのねこ どろんこ鯨一匹捕れば七浦潤う11ぴきのねことぶたBAKUBAKU猫の子一匹いない殺人をもう一度北きつね牧場虎の子渡し小舅・小姑大山・太山LD50値アーリューアーシャンママ大奮闘揚羽蝶紋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android