コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匹/疋 キ

6件 の用語解説(匹/疋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き【匹/×疋】

[接尾]《「ぎ」とも》助数詞。
馬などを数えるのに用いる。
「ゆきやらで雪の尾花と見つるかなひと―ふた―の駒にまかせて」〈夫木・一八〉
反物の布帛(ふはく)を数えるのに用いる。
「幾―ともえこそ見わかね秋山のもみぢの錦よそにたてれば」〈後撰・秋下〉

ひき【匹/×疋】

[名]
2反続きの反物を単位として表す語。大人の着物と羽織とを対で作るときなどに用いる。
銭を数える単位。古くは10文、のち25文を1匹とした。
[接尾]助数詞。動物・鳥・昆虫・魚などを数えるのに用いる。上に来る語によっては「びき」「ぴき」となる。「二―の猫」

びき【匹/×疋】

[接尾]ひき(匹)」に同じ。「三―の子猫」

ぴき【匹/×疋】

[接尾]ひき(匹)」に同じ。「一―の犬」

ひつ【匹】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヒツ(漢) [訓]ひき
〈ヒツ〉
対になる相手。「匹偶匹敵
一人の男や女。また、身分の低い者。「匹夫匹婦
馬を数える語。「匹馬馬匹
〈ひき(びき・ぴき)〉「匹物一匹狼(いっぴきおおかみ)
[名のり]あつ・とも

むら【匹/×疋】

[接尾]助数詞。巻いた織物を数えるのに用いる。
「くれはどりといふ綾をふた―包みてつかはしける」〈後撰・恋三・詞書〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

匹/疋の関連キーワード大台年利ランデのg因子月利通話坪数反別疋物心指数単位とコマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone