コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四日市[市] よっかいち

2件 の用語解説(四日市[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

四日市[市]【よっかいち】

三重県北部,伊勢平野北部にある市。1897年市制。伊勢湾に臨む中心市街は近世以降天領となり,市場町,東海道の宿場町として発達,港は1899年開港場となった。古くから食用油,万古焼の産で知られるが,近代的な紡織工業が発達,第2次大戦後は旧海軍燃料廠跡に全国で最初の石油化学コンビナートが建設され伊勢湾工業地域の中核となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よっかいち【四日市[市]】

三重県北部の市。1897年四日市町が県下で2番目に市制を施行。以後,周辺町村の編入が相つぎ,市域は一部は鈴鹿山脈に及ぶが,おもに朝明(あさけ),海蔵(かいぞう),三滝,内部(うつべ),鈴鹿の5河川の扇状地と沖積地よりなり,中心市街地は三滝川の三角州上に展開する。人口28万5779(1995)。中世,4の日の定期市が開かれたのが地名の起源といわれる。近世には東海道の宿駅となり,また伊勢湾岸航路の港として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の四日市[市]の言及

【三重[県]】より

伊勢神宮をもつ伊勢国は,西側の山地を鈴鹿峠(357m),加太(かぶと)越(約350m),長野峠(約500m)などの峠で越えて東海道,大和街道,伊賀街道などが通じ,伊勢湾沿いには伊勢参宮街道が通じて,畿内と東国との懸橋的な役割を果たしてきた。また中世以降発達した海上交通でも,伊勢湾沿岸の桑名,四日市,安濃津(現,津市),大湊(現,伊勢市)などの港が栄え,尾張国をはじめ各国と結ばれていた。このような自然環境,歴史的背景にある三重県は自動車交通の発達した現代においても,近畿地方にありながら中部圏開発整備法(1966制定)の範囲に含まれるなど,中部地方とくに名古屋市との関連が強く,通常東海地方の一県として扱われる。…

※「四日市[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四日市[市]の関連キーワード九鬼紋七四日市四日市大学三重銀行四日市看護医療大学フォーリン井島茂作沢井余志郎堀木忠良山崎心月

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone