四日市[市](読み)よっかいち

百科事典マイペディアの解説

四日市[市]【よっかいち】

三重県北部,伊勢平野北部にある市。1897年市制伊勢湾に臨む中心市街は近世以降天領となり,市場町東海道宿場町として発達,港は1899年開港場となった。古くから食用油万古焼の産で知られるが,近代的な紡織工業が発達,第2次大戦後は旧海軍燃料廠跡に全国で最初の石油化学コンビナートが建設され伊勢湾工業地域の中核となった。反面,〈四日市ぜんそく〉など大気汚染を初めとする公害の激化をみた。公害訴訟は1992年原告の勝訴で終ったが,この間,この経験を生かして1990年国際環境技術移転研究センターが開設,公害防除と環境対策の技術,知識の国際的活用をめざしている。四日市港は1952年特定重要港湾に指定され,日本有数の輸入港となった。また商業地としても県下随一の発展をみている。関西本線,近鉄名古屋・湯の山・内部・八王子各線,三岐鉄道,東名阪自動車道が通じる。西部の山岳地は鈴鹿国定公園に属する。2005年2月三重郡町を編入。206.44km2。30万7766人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よっかいち【四日市[市]】

三重県北部の市。1897年四日市町が県下で2番目に市制を施行。以後,周辺町村の編入が相つぎ,市域は一部は鈴鹿山脈に及ぶが,おもに朝明(あさけ),海蔵(かいぞう),三滝,内部(うつべ),鈴鹿の5河川の扇状地と沖積地よりなり,中心市街地は三滝川の三角州上に展開する。人口28万5779(1995)。中世,4の日の定期市が開かれたのが地名の起源といわれる。近世には東海道の宿駅となり,また伊勢湾岸航路の港として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の四日市[市]の言及

【三重[県]】より

伊勢神宮をもつ伊勢国は,西側の山地を鈴鹿峠(357m),加太(かぶと)越(約350m),長野峠(約500m)などの峠で越えて東海道,大和街道,伊賀街道などが通じ,伊勢湾沿いには伊勢参宮街道が通じて,畿内と東国との懸橋的な役割を果たしてきた。また中世以降発達した海上交通でも,伊勢湾沿岸の桑名,四日市,安濃津(現,津市),大湊(現,伊勢市)などの港が栄え,尾張国をはじめ各国と結ばれていた。このような自然環境,歴史的背景にある三重県は自動車交通の発達した現代においても,近畿地方にありながら中部圏開発整備法(1966制定)の範囲に含まれるなど,中部地方とくに名古屋市との関連が強く,通常東海地方の一県として扱われる。…

※「四日市[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android