塩沢[町](読み)しおざわ

百科事典マイペディアの解説

塩沢[町]【しおざわ】

新潟県南部,南魚沼郡の旧町。主集落は信濃川の支流魚野川に沿う六日町盆地の中心で,三国(みくに)街道の宿場町として発展。古くから越後上布塩沢紬(つむぎ),塩沢御召の原産地として知られ,麻・絹織物業が盛ん。上越線関越自動車道が通じ,石打(いしうち)などスキー場が多い。《北越雪譜(ほくえつせっぷ)》の著者鈴木牧之(ぼくし)の生地。2005年10月南魚沼市へ編入。190.12km2。2万781人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおざわ【塩沢[町]】

新潟県南東部,南魚沼郡の町。人口2万0894(1995)。魚野川中流の六日町盆地南部にあり,東は越後山脈,西は魚沼丘陵に挟まれ,清水峠付近に発して魚野川に合流する登川の流域を占める。中心の塩沢は近世三国街道の宿場町として栄え,上十日町は上田船道の遡航終点であった。水が豊かで雪さらしもできることから越後縮,越後上布などの麻織物の産地として知られ,近年は塩沢紬(つむぎ),塩沢御召(おめし)など絹織物を生産している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android