コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壇ノ浦の戦(読み)だんのうらのたたかい

百科事典マイペディアの解説

壇ノ浦の戦【だんのうらのたたかい】

長門(ながと)壇ノ浦における源平最後の合戦。屋島の戦で敗れた平氏は下関に退き1185年3月24日,壇ノ浦で源義経指揮の源氏を迎撃,敗れて安徳天皇は入水,総帥(そうすい)平宗盛は生けどられ,平氏は滅亡。
→関連項目宇野御厨建礼門院治承・寿永の内乱平時子平時忠平知盛平教経壇ノ浦松浦党源頼朝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんのうらのたたかい【壇ノ浦の戦】

1185年(文治1)下関市東方の壇ノ浦で行われた源平最後の海戦。この年2月源義経に強襲され,四国屋島(高松市)の陣営を放棄した平氏の総帥平宗盛らは,長門彦島(下関市)にあって関門海峡を扼する知盛の軍と合体し,劣勢を支えようとした。しかし屋島の戦勝によって瀬戸内制海権を握った義経軍は執拗に追尾し,九州の源範頼軍も平氏の動きを牽制した。周防に集結した義経の船団は,同国でさらに数十艘の船舶を併せ,840余艘の兵船をもって決戦に臨んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の壇ノ浦の戦の言及

【安徳天皇】より

…陵墓は下関市阿弥陀寺陵。【杉橋 隆夫】
[安徳伝説]
 安徳天皇が壇ノ浦の戦ののちも流離し,生存したという伝承の根を探るとすれば,《平家物語》巻十一〈先帝身投〉にまで戻らねばならない。二位尼に抱かれた幼帝安徳は壇ノ浦の海底深く沈んだことになっているが,覚一本系の諸本を見ると,はじめのところでは〈御髪黒うゆらゆらとして御せなか過ぎさせ給へり〉とあり,そのあとには〈山鳩色の御衣にびんづらゆはせ給ひて〉となっていて,明らかに安徳帝の描写に矛盾があり,同一人物とは思えないところから替玉説が浮上してくる。…

※「壇ノ浦の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android