コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂峠 おおさかとうげ

3件 の用語解説(大坂峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大坂峠
おおさかとうげ

徳島県北東部,讃岐山脈の東部,阿波・讃岐の国境にある峠。文治1 (1185) 年源義経が屋島の平家を攻撃する際,この峠を通ったといわれる。西の猪鼻峠とともに,古来讃岐山脈越えの重要な交通路。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大坂峠
おおさかとうげ

香川・徳島県境にある峠。香川県東かがわ市と徳島県鳴門(なると)市の境で、古代の南海道が通じ、阿波(あわ)と讃岐(さぬき)の古くからの幹線。源義経(よしつね)も、屋島(やしま)の源平合戦の際、強風のため阿波に流され、徹夜でこの峠を越えて屋島を急襲したという。現在では海岸沿いに国道11号ができ、利用者は激減した。270メートルの峠からの眺めはすばらしく、現東かがわ市南野(みなみの)出身の元東京大学総長南原繁(なんばらしげる)の歌碑がある。[坂口良昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大坂峠の関連キーワード讃岐山脈讃岐山脈・讚岐山脈徳島讚岐山脈板野[町]財田[町]土成[町]土成〈町〉大坂越境目峠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone