コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大朝[町] おおあさ

2件 の用語解説(大朝[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大朝[町]【おおあさ】

広島県北西部,島根県に接する山県(やまがた)郡の旧町。可愛(えの)川水源地の山地を占め,主集落大朝は広島〜浜田間と広島〜川本〜大田(おおだ)間の交通の中継点に当たり,浜田自動車道が通じ,周辺の商業中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおあさ【大朝[町]】

広島県北西部,島根県に接する山県(やまがた)郡の町。人口3886(1995)。可愛(えの)川の上流,中国山地山間部の大朝盆地にある。中心集落の大朝は近世に浜田城下(現,島根県浜田市)と広島城下を結ぶ石見浜田路の中継点として発達し,在郷市が開かれていた。高冷地のため畜産が盛んで,養鶏,乳牛,肉牛の飼育が行われる。中世に当地を支配した吉川氏の本拠小倉山城跡や吉川氏ゆかりの竜山八幡神社(本殿は重要文化財),枝ノ宮八幡神社などがあり,新庄には県指定無形民俗文化財のはやし田や南条踊が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大朝[町]の関連キーワード恐羅漢山美保湾鎌ヶ谷山県深耶馬渓八幡高原山県二承山県長伯山県適処山県頼賢

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone