コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大朝[町] おおあさ

百科事典マイペディアの解説

大朝[町]【おおあさ】

広島県北西部,島根県に接する山県(やまがた)郡の旧町。可愛(えの)川水源地山地を占め,主集落大朝は広島〜浜田間と広島〜川本〜大田(おおだ)間の交通の中継点に当たり,浜田自動車道が通じ,周辺の商業中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおあさ【大朝[町]】

広島県北西部,島根県に接する山県(やまがた)郡の町。人口3886(1995)。可愛(えの)川の上流,中国山地山間部の大朝盆地にある。中心集落の大朝は近世に浜田城下(現,島根県浜田市)と広島城下を結ぶ石見浜田路の中継点として発達し,在郷市が開かれていた。高冷地のため畜産が盛んで,養鶏,乳牛,肉牛の飼育が行われる。中世に当地を支配した吉川氏の本拠小倉山城跡や吉川氏ゆかりの竜山八幡神社(本殿は重要文化財),枝ノ宮八幡神社などがあり,新庄には県指定無形民俗文化財のはやし田や南条踊が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android