大森(読み)おおもり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大森(秋田県)
おおもり

秋田県南部、平鹿(ひらか)郡にあった旧町名(大森町(まち))。現在は横手市大森町で、市の北西部を占める。旧大森町は、1901年(明治34)町制施行。1955年(昭和30)八沢木(やさわぎ)村と合併、1956年川西村と合併。2005年(平成17)増田、平鹿、雄物川(おものがわ)、十文字(じゅうもんじ)の4町および山内(さんない)、大雄(たいゆう)の2村とともに横手市に合併。JR奥羽本線横手駅からバスの便がある。地域の西部は出羽(でわ)丘陵で占められ、冬は積雪2メートルに達し特別豪雪地に指定されている。東端を雄物(おもの)川が流れ、稲作中心の農業に、畜産、リンゴ、葉タバコ、シイタケ、ナメコなどの特用林産物を取り入れ、複合経営を目ざしている。波宇志別(はうしわけ)神社に伝わる保呂羽山(ほろわさん)霜月神楽(しもつきかぐら)は国の重要無形民俗文化財、また神楽殿は室町時代の建築で、国の重要文化財に指定されている。[宮崎禮次郎]
『『大森町郷土史』(1981・大森町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大森の関連情報