コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出[町] こいで

百科事典マイペディアの解説

小出[町]【こいで】

新潟県南部,北魚沼郡の旧町。信濃川の支流魚野川と破間(あぶるま)川の合流点にある主集落は近世,只見川上流の上田銀山へ至る宿場町河港であった。上越線関越自動車道が通じ只見線が分岐する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こいで【小出[町]】

新潟県南部,北魚沼郡の町。人口1万3109(1995)。魚野川に合流する破間(あぶるま)川,佐梨川の谷口にある。中心地小出島は,1641年(寛永18)に発見された只見川上流の上田銀山への街道八宿の一つで,魚野川舟運の河岸場として栄えた。現在も上越線と只見線,国道17号線と252号線の分岐点で,関越自動車道の小出インターチェンジもあり,交通の要衝である。1953年奥只見電源開発工事が開始されると,資材輸送基地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小出[町]の関連キーワード銀山平

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android