山国(大分県)(読み)やまくに

  • 大分県
  • 山国

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大分県北西部、下毛(しもげ)郡にあった旧町名(山国町(まち))。現在は中津市(なかつし)の西端部にあたる地域。旧山国町は1958年(昭和33)町制施行。2005年(平成17)中津市に編入。旧町名は古代の郷(ごう)名、山国川の名にちなむ。国道212号、496号が通じる。北に英彦(ひこ)山がそびえ、開析溶岩台地が広く、林業とシイタケ栽培が盛ん。山国川上流の谷底平野には米作が行われる。中心の守実(もりざね)には温泉がわく。耶馬渓猿飛の甌穴(やばけいさるとびのおうけつ)群、鷹ノ巣(たかのす)山のビュートは国指定天然記念物。守実の神尾家住宅(かみおけじゅうたく)は江戸時代中期の1771年(明和8)に建てられた国指定重要文化財。

[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android