コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川西[町] かわにし

6件 の用語解説(川西[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

川西[町]【かわにし】

山形県南部,東置賜(ひがしおきたま)郡の町。米沢盆地のほぼ中央にあり最上川の支流松川の西に位置する。米坂(よねさか)線に沿う小松が商業の中心。米作,畜産を行う。

川西[町]【かわにし】

新潟県南部,中魚沼郡の旧町。信濃川中流西部の山地を占める深雪地であるが,信濃川河谷での米作のほか葉タバコ,野菜を栽培。中心の千手(せんじゅ)は旧善光寺街道の宿駅で馬市が盛んであった。

川西[町]【かわにし】

奈良県,奈良盆地にある磯城(しき)郡の町。大和郡山市に接する。トマトイチゴ栽培が盛ん。貝ボタンの製造が工業の中心。近鉄橿原(かしはら)線が通じる。5.93km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かわにし【川西[町]】

山形県南部,東置賜(ひがしおきたま)郡の町。1955年小松町と5村が合体して成立。人口2万0764(1995)。米沢盆地のほぼ中央にあり,最上川支流の松川の西側に位置するため古くから川西と呼ばれていた。JR米坂線の通る中心集落の小松は谷口集落で,江戸時代は米沢と越後を結ぶ越後街道の宿駅として栄え,馬市が開かれていた。農業が基幹産業で,水稲生産では全国屈指の高収穫地帯となり,特に町の北東部が中心をなしている。

かわにし【川西[町]】

新潟県南部,中魚沼郡の町。人口8524(1995)。信濃川中流の西岸にあり,東部は十日町盆地の北西を占め,西部は東頸城(ひがしくびき)丘陵と渋海(しぶみ)川の谷からなる。おもな集落は信濃川の段丘面に分布し,盆地内では最大の米作地域となり,魚沼コシヒカリの産地として知られる。中心地の千手(せんじゆ)は近世には善光寺街道の馬継場で,馬市でも知られた。絹織物で有名な十日町市小千谷市に隣接し,縮織の出機(でばた)地域でもあった。

かわにし【川西[町]】

奈良県北西部,磯城(しき)郡の町。1975年町制。人口9847(1995)。奈良盆地中央部にあり,大和川と支流の寺川,飛鳥川,曾我川の流域を占め,標高40m前後の低平な地域である。主産業は製造業で,就業人口の4割が従事している。古くから家内工業として貝ボタンの製造が盛んで,なめし皮製品の工場も多い。1965年以降,県土地開発公社による工業団地の造成が行われ,機械,金属などの工場が進出している。中心の結崎(ゆうざき)は能の観世流の始祖観阿弥が伊賀国から移って結崎座を結成したことで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川西[町]の関連キーワード敷島奈良盆地朝原生駒香芝磯城磯城瑞籬宮竜田山兄磯城弟磯城

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone