コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新湊 しんみなと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新湊
しんみなと

富山県北西部,射水市北部の旧市域。庄川河口右岸にあり,富山湾に面する。 1942年新湊町 (1889年町制) が高岡市に編入。 1951年分離して市制。 1953年作道村,片口村,堀岡村,海老江村,七美村,本江村,塚原村の7村を編入。 2005年小杉町,大門町,村,大島町の3町1村と合体して射水市となった。中心市街地は海岸沿いの砂州上に発達し,東部の放生津潟周辺は低湿地帯。古くから漁業の町として知られ,イワシ,アジ,ブリ,カツオの水揚げが多く,夏季には北洋のサケ,マス漁に従事する。また大正期から製鉄,製鋼の大型工場が立地。さらに 1968年掘込式の富山新港が完成し,その後背地アルミニウム製錬や,自動車部品・家庭用品などのアルミニウム成型工場,火力発電所などが立地し,アルミニウムコンビナートを形成している (→富山高岡工業地域 ) 。新港西側に新港の森公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんみなと【新湊】

富山県北西部にあった市。平成17年(2005)11月、小杉町・大門町・下村・大島町と合併して射水(いみず)市となった。→射水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新湊
しんみなと

富山県北西部、富山湾に臨む位置にあった旧市名(新湊市)。現在は射水(いみず)市の北部を占める地域。1942年(昭和17)新湊町は高岡市に編入したが、1951年に分離し市制施行。1953年作道(つくりみち)、片口(かたぐち)、堀岡、海老江(えびえ)、本江(ほんごう)、七美(しちみ)、塚原の7村を編入。2005年(平成17)射水郡小杉(こすぎ)町、大門(だいもん)町、大島(おおしま)町、下(しも)村と合併して射水市となる。第三セクターの路面電車万葉(まんよう)線(旧、加越能(かえつのう)鉄道)が通じる。国道は8号、415号、472号が通じる。市街地は庄(しょう)川河口の砂州上に発達し、東部は富山市に、西部は小矢部(おやべ)川を隔てて高岡市に接する。かつて旧市域の東部地域は浅い放生津(ほうじょうづ)潟を中心に射水(いみず)平野の水郷地帯であり、農業、漁業が行われてきた。大正中ごろに西部地域に日本鋼管富山製造所(現、JFEマテリアル)が、その後日本高周波鋼業が進出し、小矢部川沿いの高岡工業地域の一環を形成した。放生津潟を港湾化する計画は大正時代からあったが、1961年から富山高岡新産業都市計画の中核事業として放生津潟に掘り込み式の富山新港が建設され1968年に開港した。新港周辺には北陸電力富山新港火力発電所、三協立山アルミなどの工場が立地している。新港西側に県民公園新港の森が造成された。練習帆船の初代「海王丸」(1930年完成)が海王丸パークに保存、係留されている。富山商船高等専門学校がある。放生津八幡(はちまん)宮の秋の礼大祭(「曳山(ひきやま)まつり」)には曳山が13台地域を練り歩く。本祭日の築山行事は件指定無形民俗文化財。[深井三郎]
『『新湊市史』(1964・新湊市) ▽『新湊市史』近現代(1992・新湊市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新湊の関連キーワード大島(富山県の旧町名)富山県立新湊高等学校第6潜水艇沈没事故富山県射水市鏡宮大門(富山県)方等 みゆき富山県射水市石黒 宗麿板垣 与一射水(市)高岡[市]射水[市]富山[市]佐藤 やい大島[町]長田[区]斎藤 俊彦内藤 友明下[村]兵庫運河

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新湊の関連情報