コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新湊 しんみなと

3件 の用語解説(新湊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新湊
しんみなと

富山県北西部,射水市北部の旧市域。庄川河口右岸にあり,富山湾に面する。 1942年新湊町 (1889年町制) が高岡市に編入。 1951年分離して市制。 1953年作道村,片口村,堀岡村,海老江村,七美村,本江村,塚原村の7村を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新湊
しんみなと

富山県北西部、富山湾に臨む位置にあった旧市名(新湊市)。現在は射水(いみず)市の北部を占める地域。1942年(昭和17)新湊町は高岡市に編入したが、1951年に分離し市制施行。1953年作道(つくりみち)、片口(かたぐち)、堀岡、海老江(えびえ)、本江(ほんごう)、七美(しちみ)、塚原の7村を編入。2005年(平成17)射水郡小杉(こすぎ)町、大門(だいもん)町、大島(おおしま)町、下(しも)村と合併して射水市となる。第三セクターの路面電車万葉(まんよう)線(旧、加越能(かえつのう)鉄道)が通じる。国道は8号、415号、472号が通じる。市街地は庄(しょう)川河口の砂州上に発達し、東部は富山市に、西部は小矢部(おやべ)川を隔てて高岡市に接する。かつて旧市域の東部地域は浅い放生津(ほうじょうづ)潟を中心に射水(いみず)平野の水郷地帯であり、農業、漁業が行われてきた。大正中ごろに西部地域に日本鋼管富山製造所(現、JFEマテリアル)が、その後日本高周波鋼業が進出し、小矢部川沿いの高岡工業地域の一環を形成した。放生津潟を港湾化する計画は大正時代からあったが、1961年から富山高岡新産業都市計画の中核事業として放生津潟に掘り込み式の富山新港が建設され1968年に開港した。新港周辺には北陸電力富山新港火力発電所、三協立山アルミなどの工場が立地している。新港西側に県民公園新港の森が造成された。練習帆船の初代「海王丸」(1930年完成)が海王丸パークに保存、係留されている。富山商船高等専門学校がある。放生津八幡(はちまん)宮の秋の礼大祭(「曳山(ひきやま)まつり」)には曳山が13台地域を練り歩く。本祭日の築山行事は件指定無形民俗文化財。[深井三郎]
『『新湊市史』(1964・新湊市) ▽『新湊市史』近現代(1992・新湊市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新湊の関連情報