コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻[町] たいま

4件 の用語解説(当麻[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

当麻[町]【たいま】

奈良県北西部,北葛城(きたかつらぎ)郡の旧町。金剛山地東麓にあり,当麻寺二上(にじょう)山で知られる。花卉(かき)栽培が盛んで,特にキクの産地として有名。メリヤスプラスチックなどの工場もあり,靴下の製造が盛ん。

当麻[町]【とうま】

北海道中央部,上川郡の町。旭川市の北東隣で石北本線が通じ,屯田兵が開いた。西部は石狩川左岸の上川盆地底で,水田が広がる。木材,シイタケも産する。当麻鍾乳洞がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいま【当麻[町]】

奈良県北西部,北葛城郡の町。1966年町制。人口1万5009(1995)。奈良盆地南西部に位置し,二上(にじよう)山の東麓を占める。古代から竹内(たけのうち)街道の要地であり,当麻寺の門前町として発展した。主産業は靴下などの製造業で,プラスチック製品や綿布などもつくられる。農業では菊の栽培が盛んで,山間地の露地栽培が中心であるが,近年は平地でも栽培されるようになり,温室栽培も始まった。《当麻曼荼羅》など多くの国宝,重要文化財をもつ当麻寺は染野の石光寺とともにボタンの名所としても知られる。

とうま【当麻[町]】

北海道中央部,上川支庁上川郡の町。人口7893(1995)。上川盆地の東部を占め,旭川市の東に接する。町の東部は大雪山につづく山地である。1893年屯田兵400戸が入植,また第2次大戦後に旧陸軍演習地6000haが開拓地として開放され,外地からの引揚者500戸が移住した。農業は米作が主であるが,旭川市などに出荷する草花,野菜の栽培,養豚も盛んである。石狩川支流の牛朱別(うししゆべつ)川上流にある当麻鍾乳洞は蝦夷蟠竜(えぞばんりゆう)洞ともいわれ,透明度の高い石筍,石柱,鍾乳石がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

当麻[町]の関連キーワード旭川石狩川上川支庁上川上川盆地天塩赤平石狩総合振興局とうま

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone