コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌む/斎む イム

デジタル大辞泉の解説

い・む【忌む/斎む】

[動マ五(四)]
(忌む)
㋐呪術的な信仰などから、不吉なものとして避ける。禁忌とする。「葬式は友引の日を―・む」「宗教上、肉食を―・む」
㋑嫌って、避ける。「革新を―・む」「退屈を―・む」
(斎む)身を清め、慎んでけがれを避ける。
「所を去りて、いみじうかたき物を―・ませ給へ」〈浜松・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

忌む/斎むの関連キーワード継ぎ蝋燭・継ぎ蠟燭帰忌日・帰己日小土・小槌尾先四白一夜飾り七日帰り三隅蚊帳行年衰日不成就日継ぎ蝋燭季重なり正五九月戒の師王相神一服茶方伯神赤舌日天火日五離日帰忌日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android