コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憎い/悪い ニクイ

デジタル大辞泉の解説

にく・い【憎い/悪い】

[形][文]にく・し[ク]
そのものに強い抵抗感・不快感を抱くさま。許しがたく思って嫌うさま。にくらしい。「冷酷な犯人が―・い」「不正を許す社会が―・い」
(しゃくにさわるほどすぐれている、の意で反語的に)感心すべきである。たいそう好ましい。「なかなか―・い趣向だ」「―・いことを言うね」「三拍子そろった―・い選手」
見苦しい。みっともない。
「―・き顔を鼻などうち赤めつつ」〈・松風〉
気がひける。はしたない。
「我ながら―・き心かなと」〈宿木
[派生]にくがる[動ラ五]にくげ[形動]にくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

憎い/悪いの関連キーワード可愛さ余って憎さが百倍秋茄子は嫁に食わすな可愛さ余って憎さ百倍競り合う・競合う酢につけ粉につけ石原 裕次郎憎さも憎し蔵原 惟繕丑の時参り山田 信夫小池 朝雄渡辺 文雄舌鼓を打つ大原 麗子後光効果飼ひ立て然で無い加納幸和強請れ言日本の諺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android