コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎む ウトム

デジタル大辞泉の解説

うと・む【疎む】

[動マ五(四)]いやだと思う。嫌って遠ざける。うとんずる。「自分勝手なので、みんなから―・まれる」
[動マ下二]嫌うようにさせる。多く「言う」「聞こゆ」などと複合して用いる。
「かつは言ひも―・め、また慰めも、かたがたにしづしづと聞こえ給ひつつ」〈・宿木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うとむ【疎む】

( 動五[四] )
いやだと思う。いやがって遠ざける。現代語では、多く受身の形で用いられる。 「社長に-・まれ、左遷される」 「な-・み給ひそ、とのたまふ/源氏 若紫
( 動下二 )
〔多く「言ふ」「聞こゆ」などの下に用いられる〕 きらわせる。いやがらせる。 「かつは言ひも-・め、又なぐさめもかたがたに/源氏 宿木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疎むの関連キーワード浜松中納言物語たよせに源氏若紫

疎むの関連情報