コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悍ましい オゾマシイ

2件 の用語解説(悍ましいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぞまし・い【×悍ましい】

[形][文]おぞま・し[シク]
いかにも嫌な感じがする。ぞっとするほど、いとわしい。「口にするのも―・い事件」
我(が)が強い。強情だ。
「かく―・しくは、いみじき契り深くとも絶えてまた見じ」〈・帚木〉
たけだけしく、恐ろしい。こわい。
「いづくにも守護といふものの、目代よりは―・しきを据ゑたれば」〈増鏡・久米のさら山〉
[派生]おぞましげ[形動]おぞましさ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぞましい【悍ましい】

( 形 ) [文] シク おぞま・し
〔「おぞし(悍)」と同源〕
身ぶるいするほどいやな感じである。ぞっとするほどである。 「聞くだけでも-・い話だ」
(性格が)強く、激しい。我が強い。おずまし。 「かく-・しくは、いみじき契深くとも絶えて又見じ/源氏 帚木
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone