コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悍ましい オゾマシイ

デジタル大辞泉の解説

おぞまし・い【×悍ましい】

[形][文]おぞま・し[シク]
いかにも嫌な感じがする。ぞっとするほど、いとわしい。「口にするのも―・い事件」
我(が)が強い。強情だ。
「かく―・しくは、いみじき契り深くとも絶えてまた見じ」〈帚木
たけだけしく、恐ろしい。こわい。
「いづくにも守護といふものの、目代よりは―・しきを据ゑたれば」〈増鏡・久米のさら山〉
[派生]おぞましげ[形動]おぞましさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぞましい【悍ましい】

( 形 ) [文] シク おぞま・し
〔「おぞし(悍)」と同源〕
身ぶるいするほどいやな感じである。ぞっとするほどである。 「聞くだけでも-・い話だ」
(性格が)強く、激しい。我が強い。おずまし。 「かく-・しくは、いみじき契深くとも絶えて又見じ/源氏 帚木
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悍ましいの関連キーワード目代同源

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android