コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎ましい ウトマシイ

デジタル大辞泉の解説

うとまし・い【疎ましい】

[形][文]うとま・し[シク]《動詞「うとむ」の形容詞化》
好感がもてず遠ざけたい。いやである。いとわしい。「名前を聞くのも―・い」
異様で恐ろしい。気味が悪い。不気味である。
「深き山の奥を、―・しき獣(けだもの)のみちみちたる中をたづねたる心をば」〈宇津保・俊蔭〉
[派生]うとましげ[形動]うとましさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うとましい【疎ましい】

( 形 ) [文] シク うとま・し
〔動詞「疎うとむ」の形容詞化〕
いやな感じがして避けたい。いとわしい。 「見るのも-・い」
気味が悪い。不気味だ。 「木立いと-・しくもの古りたり/源氏 夕顔
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疎ましいの関連キーワードシク

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疎ましいの関連情報