コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦がれる コガレル

2件 の用語解説(焦がれるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こが・れる【焦がれる】

[動ラ下一][文]こが・る[ラ下二]
いちずに、激しく恋い慕う。切ないまでに思いを寄せる。「長年―・れた相手と結婚する」「故郷に―・れる」
そうなりたいと強く望む。「女優に―・れる」
動詞の連用形に付いて、望むことが早く実現しないかと居ても立ってもいられないほどである意を表す。「思い―・れる」「恋い―・れる」「待ち―・れる」
焼けて焦げる。
「焼け通りて、うとましげに―・れたる匂ひなども」〈・真木柱〉
香を強くたきしめる。
「取る手もくゆるばかりに―・れたる紅葉重(もみぢがさね)の薄様(うすやう)に」〈太平記・一五〉
日光にさらされて変色する。また、日に焼けたように赤くなる。
「滝の上の御船の山のもみぢ葉は―・るるほどになりにけるかな」〈玉葉・秋下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こがれる【焦がれる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 こが・る
そうなりたいとひたすら思う。いちずに思い望む。あこがれる。 「映画スターに-・れる」
心が苦しくなるほど、慕わしく思う。深く恋い慕う。 「友人が-・れている女性」
(動詞の連用形に付いて)苦しくなるほどにその気持ちを強くもつ。 「待ち-・れる」 「恋い-・れる」
火に焼けて焦げる。また、日に照りつけられて変色する。 「うとましげに-・れたるにほひなども異様ことようなり/源氏 真木柱
香を強くたきしめる。 「薄様の取手もくゆる計りに-・れたるに/太平記 21」 〔「焦がす」に対する自動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焦がれるの関連キーワード思い焦がれる縊れる削れる群れる揺れる恋い焦がれる小隠れる腫れる待焦がれる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焦がれるの関連情報