接(漢字)

普及版 字通「接(漢字)」の解説


常用漢字 11画

[字音] セツ・ショウ(セフ)
[字訓] まじわる・ちかづく・つづく

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(しよう)。妾はもと神に捧げられた女で、神に接するものであった。卜辞に「河の妾」というのは、河神に捧げられた女をいう。〔説文〕十二上に「はるなり」とみえる。古くは接竈・接神の儀があり、のち人に接引することをいう。〔孟子、万章下〕に「其のはるやを以てし、其の接するや禮を以てす」の語がある。

[訓義]
1. まじわる、あう。
2. もてなす、ちかづく。
3. ふれる、つらなる、つづく。
4. (しよう)と通じ、すみやか、はやい。
5. (そう)と通じ、あまねし、ゆきわたる。
6. (そう)と通じ、さす、さしこむ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕接 トル・マジハル・ツク・ミチビク・ヲサム・ナラス・イラフ・ツイデ・タヤスシ・ツヅク・エラブ・トモガラ

[語系]
接tziap、妾tsiapは声義近く、妾が神につかえ接することを接という。妾は額(ひたい)に聖化のための入墨を加えた女で、神に捧げられた徒隷shiapも妾に従い、棺の羽飾りとして辟邪に用いるもの。これには悪邪を隔てる意がある。

[熟語]
接給・接意・接引・接接援・接屋・接駕・接会・接界・接換・接歓・接客・接脚・接境・接近接遇接見・接狎接合・接轂・接済・接・接三接翅・接手・接取・接受接収接踵・接仗・接壌・接触・接神・接軫・接刃接戦・接竈・接続・接対・接待・接着・接逓・接綴・接到・接納・接伴・接武・接撫・接聞・接兵・接容・接聯
[下接語]
引接・延接・応接・恩接・外接・款接・間接・関接・逆接・近接・迎接・交接・収接・順接・承接・触接・深接・親接・声接・待接・直接・内接・反接・賓接・扶接・撫接・密接・面接・容接・溶接・隣接・礼接・連接

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android