コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文字学 もじがく wén zì xué

1件 の用語解説(文字学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もじがく【文字学 wén zì xué】

漢字が表意文字という性格から,字数が多く,字形も複雑なために,中国人は早くからその習得に苦しんだらしい。文字学とかかわりをもつ最も古い書物は,今でいう識字課本の類である。周の《史籀(しちゆう)篇》,秦の《蒼頡(そうけつ)篇》,漢の《急就篇》など,日常の文字を韻語でつづり記憶に便なるよう編集された。漢代に入ると,儒教が国教となり,古典の読解力が要求されるようになった。古典の字句を意味によって整理収録し,古典の字を覚え,音を学び,意味を知るための字書がつくられ,《爾雅(じが)》と名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文字学の関連キーワード漢字契丹文字楔形文字女真文字西夏文字表意文字表音文字表語文字義字マルチバイト文字

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文字学の関連情報